業種別アプリケーション

小売業向けのAI

小売プロセスを自動化および補強することで、競争優位性の維持を支援

ビジネス面の課題

モバイルデバイス、会話型コマース、SNSなどのテクノロジーによって「つながる顧客」の行動は変容を遂げており、小売企業もそれに合わせて変容する必要があります。顧客は複数のチャネルで素早く商品を調べ、価格を比較できるようになっているため、小売企業は的確なオファー、競争力のある価格、適切なマーチャンダイジングで顧客に対応できる体制を整えなければなりません。それはつまり、スプレッドシートから脱却し、考えられる全てのソースのデータを活用できるアナリティクス環境を整備する、ということです。それにより、顧客と自社ブランドとの関係を深く理解し、リアルタイムで顧客に働きかけることが可能になります。また、その一方で、小売企業は供給サイドの課題にも直面しています。統合型コマースをサポートする取り組みの中、サプライチェーン・ネットワークの複雑化と高速化がますます進んでおり、これらのネットワークを追跡または最適化することは、ほとんど不可能になっています。

AIがどのように役立つか

AIの発展は、絶え間ない学習を通じて複雑なタスクを自動化することを可能にしました。その結果、小売企業は部門別のサイロ(縦割り管理)を打破し、カスタマー・ジャーニーのあらゆるステップに対してオムニチャネル・アナリティクスを適用することを通して、オペレーション(つまりカスタマー・エクスペリエンス)を改善できるようになっています。相手がカスタマー・ジャーニーのどの段階にいるのかを理解し、個々の顧客対応を最適化することは、データを行動/アクションに変える取り組みを向上させ、顧客との長期的な関係、ロイヤルティの醸成、ひいては事業の成長を促進します。その結果、小売企業はより多くのデータを収集し、より多くのことを学習し、以下のことを実現できるようになります。

  • 検索重視型コマースを会話型コマースに置き換える: 自然言語処理とコグニティブ・コンピューティングは、顧客がいつでも、どこでもショッピングを楽しめる会話型のコンピューティング・インターフェイスやチャットボットを台頭させました。その結果、小売企業は、顧客理解の向上とコマースの統合化を図る絶好の機会を手にしています。
  • 小売の取り組みを特定の(高度に細分化された)顧客層に合わせてカスタマイズする: 顧客がどこで、どのような価格で購入したかの情報を全てのチャネルおよびデバイスにわたって収集・分析することにより、消費者のニーズをより正確に明らかにすることができます。ルールベースのシステムは膨大な数の商品、顧客、タッチポイント(顧客接点)を処理することができません。しかし、機械学習を活用すると、価格設定、品揃え、マーケティングの取り組みは常にマイクロ市場レベルの詳細なターゲティングに基づいて実行されるようになります。
  • 顧客の次の行動を予測する: AIは、顧客一人ひとりに関して、数千件のテキストやデジタルデータを活用して「ネクストベストアクション」(次に取るべき最良の行動)を導き出すことが可能であり、レコメンデーション・エンジンの原動力として機能します。また、こうした洞察を活用することで、小売企業は将来の購入行動を予見し、適切な需要形成策を実施し、利幅最大化のチャンスをつかむことが可能になります。
  • オンライン/店舗の買い物客の両方に関して、在庫管理とフルフィルメントを最適化する: 今日の小売事業においては、商品移動の計画と調整が手に負えないほどの難題となりかねません。AIに基づく手法は、サプライチェーンの諸問題を学習および是正できるだけでなく、人間による介入の必要性を軽減することができます。また、マシン間(M2M)データを処理するIoTアリティクスや、RFIDデータストリームを処理するストリーミング・アナリティクスを追加することで、小売企業はリアルタイムの在庫透明性を達成することができます。
  • 不正や利益の目減りを抑制する: 顧客や仕入先とのデジタル取引の量が増え続けるなか、そこで何か起きているのかに監視の目を光らせ続ける唯一の方法は、アナリティクスに基づく異常検知です。ディープラーニング・アルゴリズムは新たな不正手口の解明やその防止にも効果を発揮するため、小売企業はマネーロンダリング、仕入先調達不正、精算担当者不正、返品制度悪用への対抗手段として活用できます。
  • 「エッジでのアナリティクス」により、未来型の店舗を今すぐ実現: 多くの小売企業は、顧客とのつながりを深める取り組みに関して、実店舗に潜むポテンシャルを活用しきれていません。Wi-Fi通信を利用した足跡通行量センサー、ビデオカメラ、電子棚札、倉庫・棚通路ロボティクスは、店舗空間の活用方法を変革する可能性を秘めています。ディープラーニング・アルゴリズム、コンピュータ・ビジョン・テクノロジー、リアルタイム意思決定支援システムを活用すると、小売事業におけるアートとサイエンスを組み合わせて、優れたカスタマー・エクスペリエンスへと結実させることができます。

SASを選ぶ理由

SASは、高度なアナリティクスにおける実績豊富なリーティング・カンパニーとして、マーチャンダイジングとマーケティングに関するデータとプロセスを全社規模で統合・連携させる取り組みにおいて抜きん出た存在です。パワフルなSAS® Platformから、マーチャンダイジングやカスタマー・インテリジェンス向けの各種ソリューションに至るまで、SASのソフトウェアはいずれもAI機能を標準搭載しており、小売企業における在庫管理と収益性の強化に役立つ革新的なオムニチャネル・アナリティクス機能を提供しますだからこそ、世界中の921社の小売企業(ここにはFortune 500に選出されている小売企業の66%が含まれます)が、競争優位性を維持するためにSASを活用しているのです。

小売業向けのAIソリューション

Back to Top