マーチャンダイジング計画と価格最適化

マーチャンダイジングとマーケティングに関するデータとプロセスを全社規模で統合・連携

SASがマーチャンダイジング計画と価格最適化を実現する方法とは?

SASの革新的なオムニチャネル・アナリティクス機能は、データ/顧客需要/洞察に関する取り組みを融合させることで、小売企業における収益性の強化、在庫管理の向上、競争優位性の維持を支援します。

顧客を中心に据えた品揃えの計画および最適化

  • チャネル別に顧客需要を予測し、将来の売上に対する影響を予測
  • 予測的および指示的アナリティクスと高度なクラスタリングを活用して、顧客が購入に至る経路を理解
  • パフォーマンス改善や収益性向上の機会を特定
  • 利用可能な陳列スペースと財務目標の両方に基づき、最適な品揃えを判断
  • カスタマー・エクスペリエンスを改善するためにマーチャンダイジングに関する意思決定を最適化

場所に関するマーチャンダイジング計画

  • トレードエリア分析(商圏分析)を活用して、地域の店舗内およびオンラインのマーチャンダイジング/在庫/価格設定に関する意思決定を最適化
  • ロケーション別の売上予測、的確な品揃えの判断、在庫の最適化、顧客の心に響く価格設定判断の実行、eコマースのフルフィルメント(注文履行)の取り組みのサポートなど、様々な小売業務プロセスを自動化

サイズ/パックの最適化

  • 過去の売上からサイズに関する真のニーズを理解することで、利幅増大の可能性を追求
  • 店舗別/サイズ別のレベルにまで踏み込んで数量を予測
  • サプライチェーンの制約や流通コストの要件を満たすパック構成について、レコメンデーションを提示

価格設定の最適化

  • 商品ライフサイクス全体にわたって利益を生むように価格戦略を最適化することで、総利益の向上を追求
  • アナリティクスを活用することで、競合他社の価格設定の理解、需要の形成、財務目標の達成を促進

マーチャンダイジング計画と価格最適化にSAS® を選択する理由

マーチャンダイジング計画、商品割当、商品補充に関する既存のソリューションと連携させて活用することが可能。また、全工程カバー型(end-to-end型)のリテール・インテリジェンス・ソリューションを実現し、オムニチャネル戦略に合わせてビジネスを変革することが可能。

KPI(重要業績評価指標)が改善

財務計画や品揃え計画、商品の配分/補充戦略を最適化することができます。

在庫に関するサービスレベルが大幅に向上

品目別やロケーション別、さらにはサイズ別の必要在庫数に関する数百万件の意思決定を正確に行えるようになるため、サイズに関する顧客需要への対応力が向上します。

より的確な品揃え計画が実現

品揃えを効果的に合理化し、最適な選択肢数を正確に判断することができます。また、どの品目が品揃えに含まれていないことが原因で販売機会を逃しているかを特定することもできます。

利幅の最適化により、総利益が増大

商品ライフサイクス全体にわたって利益を生むように価格戦略を最適化することができます。

地域密着型の施策により、収益性が向上

販売実績パターンに基づいて統計的にロケーションをクラスタリングすることで、より効率的に業務を遂行し、収益の最大化を図ることができます。

取り組みやすいアナリティクス環境を導入

洞察をグラフ、チャート、スコアカードなどでビジュアル化できる機能など、ビジネスユーザーでも取り組みやすいアナリティクス環境を整備することができます。

関連製品およびソリューション

Back to Top