精算カウンターで購入している女性

需給計画

在庫過剰や在庫不足に陥ることなく、優れた収益性を達成しながら、オムニチャネルの顧客需要を的確に充足

SASが的確な需給計画を実現する方法とは?

SASは、高度に自動化され、完全に統合された需給計画ソリューションを提供しています。このソリューションは、計画ステップ間の連携を阻む従来の障壁を打破し、需給計画を継続的で柔軟なプロセスへと変革します。

規模の大小を問わず、あらゆる予測に対応

  • 統計に基づく、各種の重み付けも加味した予測を自動的に生成
  • 予測のパフォーマンスをモニタリングすることで、各ステップで創出または喪失された価値を理解
  • 時系列予測を用いて、自社のビジネスの現実を反映するモデルを構築

需要の感知と形成

  • ビジュアルな環境で需要データを分析することで、販売、出荷、価格設定、プロモーションなどに関するパターンや洞察を特定
  • 販売履歴を評価し、その結果に基づき、what-ifシナリオ分析を用いて将来のイベント(新しい商品/ロケーション/チャネルの導入など)に関する計画を立案
  • 多層的な原因分析(MTCA)を用いて、顧客需要に関する販売戦略やマーケティング戦略の実効性を測定

在庫最適化

  • 需給の変動をニア・リアルタイムで把握できるため、在庫不足や在庫過剰を回避することが可能
  • 最新のシミュレーション手法で多階層の最適化を行い、最適な在庫ポリシーを計算
  • 予測モデリングとwhat-if分析を活用して、様々な変数が需給バランスに及ぼす影響を解明

需給計画にSASを選択する理由

予測の規模や詳細さによらず常に信頼できる精度の結果を取得。社内の関係者やサプライヤーと協働しながらプロモーションや価格変更を計画。売上損失、在庫切れ、機会逸失など、不正確な予測に起因する不本意な結果を回避。

予測精度の改善

高度な予測手法を活用する特許取得済みの統計的予測エンジンを用いて、全ての商品および販売ロケーションをモデル化し、予測を実行することができます。

在庫の最適化と在庫切れの削減

アナリティクスを活用して、顧客需要に応じて最も必要とされる場所に商品を割り当てながら、全体的な在庫コストも的確に管理することができます。

予測プロセスから勘や推測を排除

基底にあるトレンド/季節性/プロモーションなどを考慮できる小売業務向けの予測モデルを活用できます。自動化された大規模な予測モデル生成機能が、個々の時系列に基づき、最適なモデルを自動で選択します。

Back to Top