業種別アプリケーション

小売業向けのIoTアナリティクス

データ、アナリティクス、マーケティングに関するプロセスを統合し、あらゆるデバイスにまたがって顧客をオムニチャネルで把握

ビジネス面の課題

小売企業は今、IoTを活用して小売企業と消費者の間にダイレクト・チャネルを作成する方法や、カスタマー・ジャーニーのあらゆるステップにおいて顧客に関する情報を収集するためにIoTデータ・ストリームを活用する方法を見出そうと努力しています。IoTによる差別化を実現できるかどうかは、アナリティクスを活用してIoTデータを察知および理解し、それに基づいて行動する能力にかかっています。小売企業がこの新しい有望なテクノロジー領域の利点を活用するためには、カスタマー・サービスの向上を通じて価値を創出するようなIoTアプリケーションに注力する必要があるでしょう。

SASがご支援する内容

SASのIoTソリューションはデータ、アナリティクス、マーケティングのプロセスを統合することで、以下の実現を支援します。

  • 顧客のニーズや好みをリアルタイムで察知: 顧客のスマートデバイスから位置情報を収集し、そのデータを既知の顧客情報と組み合わせて分析することで、状況に即したリアルタイムの洞察を導き出し、それを踏まえて行動することができます。
  • 顧客の行動パターンに対する理解を深化: オンラインの詳細な顧客行動データをオフライン・チャネルのデータと結合して総合的な顧客像を把握することで、顧客の真のニーズを解明できます。その結果、的確で有意義なオファーを用いたリアルタイムの顧客対応が実現します。
  • 収益を生む新しいサービスを顧客に提供: 過去のカスタマー・エクスペリエンスの取り組みから得られた教訓と、将来のニーズに関する予測を組み合わせることで、競合他社よりも先に行動してチャンスをつかむことが可能になります。

SASを選ぶ理由

SASは高度なアナリティクスのリーティング・カンパニーとして、以下のような最先端のIoT機能を提供する取り組みについて豊富な経験と専門知識を有しています。

  • 顧客とビジネスに関する包括的な視野を確保: SASの顧客情報マッピング・テクノロジーでは、データの入手元や保管場所に関係なく、顧客データの可用性とアクセス性が常に確保されます。また、IoT、顧客、商品情報、位置情報など、オンライン/オフラインの複数のデータソースを統合することができます。
  • 自動化された大規模な予測機能: 他社の追随を許さない小売業向けの予測モデル・ライブラリは、基調となる傾向、季節変動、プロモーション、在庫効果といった幅広い要因に対応しています。また、このソリューションでは、個々の時系列に最適なモデルが自動的に選択されます。
  • ハイパフォーマンスな予測分析: 記憶に残る個人別の顧客対応を、複数のチャネルにまたがってリアルタイムで創出できます。このハイパフォーマンスなアナリティクス環境では、過去および現在の対応内容だけでなく、その瞬間のコンテキスト情報も組み合わせた形で、分析駆動型のスコアリング/セグメンテーション/意思決定支援機能を活用することが可能です。

関連ビデオ

小売業向けのIoTアナリティクス・ソリューション

Back to Top