SAS® Data Preparation

アナリティクス用のデータを素早く準備。コーディング、専門性の高いスキル、IT部門への依存は不要

SAS® Data Preparation screens on desktop monitors

あなた自身の手で、ビジネスに必要な洞察を手に入れることができます。SAS® Viya® のセルフサービス型のデータ準備ソリューションでは、データへのアクセス、プロファイリング、クレンジング、変換を直感的なインターフェイスで行えるため、IT部門やデータ専門家の手を借りずに、自分で必要なデータ準備作業を実行できます。その結果、すぐに行動することができ、また確信をもった意思決定をすることが可能です。さらに、チーム作業の効率化を図ることもできます。

SAS® Data Preparation on desktop - data sources profile details

ビジネスユーザによる自律的なデータ準備作業により、生産性が向上

特別なスキルは必要ありません。コーディングやSQLも不要です。直感的に操作可能なビジュアル・インターフェイスにより、技術スキル面の障壁が解消され、ビジネスユーザー自身がデータの統合や整形を行えるため、データ準備作業の敷居が下がります。この環境では、データ準備の工程は、レポーティング/アナリティクスの工程の一部として統合的に扱うことが可能です。その結果、IT部門は負担が軽減し、より戦略性の高い業務に専念できるようになり、一方で、ユーザーはデータを自在に探索し、必要な洞察を素早く導き出せるようになります。

SAS® Data Preparation on desktop - data lineage

データ準備を迅速化し、すぐに行動する

データ準備の時間を最小限に抑え、より多くの時間を分析に費やすことができます。標準機能として提供される変換機能やデータ・クレンジング機能は、処理速度を向上させるためにメモリ内で実行されます。またこの環境では、高度なアナリティクス、データ・ビジュアライゼーション、データ準備の各機能をシームレスに組み合わせて活用できます。その結果、より多くの時間をかけてデータを探索し、より的確な答えを得た上で、状況に応じてニア・リアルタイムで行動できるようになります。

SAS® Data Preparation on desktop - data sources profile data

データ準備タスクの再利用により、効率がさらに向上

作業の重複は貴重な時間の浪費です。SAS Data Preparationでは自動生成されたコードをIT部門と共有できるため、例えば「ソースデータが更新されるたびに、そのデータ準備タスクも実行されるようにスケジューリングしてもらう」といったことが可能です。また、他のユーザーが後で利用できるように、データ準備プランを保存・共有することもできます。作業の共有は生産性の向上につながり、関係者全員にメリットをもたらします。

SAS® Data Preparation on desktop - data projects

チームメンバー間のコラボレーションが容易

チーム内の複数のメンバーによる協働プロジェクトが、かつてないほど容易になります。SAS Data Preparationでは、ジョブさえも、一元管理される資産として共有できます。プロジェクトのアクティビティ・フィード機能を設定するだけで、変更や更新をチームまたは個人に通知することが可能です。タスクの共有と再利用、更新情報の投稿、協働による作業がもたらす利点を活かして、データからより多くの価値を引き出すことができます。

主な特長

  • セルフサービスのために設計された直感的なユーザー・インターフェイス:ポイント&クリック操作のインターフェイスの背後でコードが自動生成されるため、非技術系のユーザーでもデータのプロファイリング、クレンジング、統合、移動を行えます。専門性の高いスキルやトレーニングは不要です。
  • 多種多様なデータソースに対応:フラットファイル、リレーショナル・データソース、ソーシャルメディア・ソース、SASデータセット、Apache Hadoop、Teradata、CSVファイル、テキストファイルのほか、各種のSAS/ACCESS® ソフトウェア(個別にライセンスの取得が必要)でアクセスできる全てのソースをデータソースとして利用できます。
  • 必要に応じてコーディングも可能:コーディングの方が楽だと感じる技術系のユーザーは、SASのコードやサードパーティのコーディング言語(Pythonなど)からSAS Data Qualityのルーチンを利用できます。
  • 標準搭載のデータ品質機能とデータ統合機能:市場で高く評価されているデータ品質機能とデータ統合機能を、標準機能としてビジュアル・インターフェイスで利用できるため、一貫性のあるデータ準備作業を実現できます。
  • インメモリ方式の高速なデータ処理:高度なアナリティクス、データ・ビジュアライゼーション、データ準備の各機能を組み合わせて活用し、分析用データを素早く準備できます。
  • アナリティクス・パイプラインへの統合:準備したデータはアナリティクス・パイプラインに自動的に組み込まれるため、データ準備工程とデータから洞察を得る工程のシームレスなユーザー体験が実現します。
  • パフォーマンスの向上:大量データの一括移動機能により、データ処理のパフォーマンスが向上します。この機能は、一部のデータソースについて読み取り/書き込みの並列処理に対応しているほか、リレーショナル・ソース、SASデータセット、ソーシャルメディア、Hadoopなどからのロードにも対応しています。
  • コラボレーション、タスクの再利用:チームメンバー間で協働作業やデータ共有を行うことで、あるいは(同じプランを別々に何度も作成するのではなく)既存プランを再利用することで、生産性が飛躍的に向上します。
  • タスクのスケジューリングと自動化:ジョブをモニタリングし、コードやログを閲覧した上で、必要に応じてジョブの実行を自動化することにより、少ない労力で多くの処理を実行できます。
  • データリネージをビジュアルに表示:データ資産間の関係を視覚的に表示する機能により、組織内の誰もがデータに対する理解を深めることできます。
SAS Viya

 

このソリューションの実行基盤となるSAS® Viya®は、アナリティクスにおけるあらゆる課題を克服できる幅広さと深さを兼ね備えた、最先端のオープン・プラットフォームです。SAS Viyaは統一された環境でアナリティクスに必要な機能を全て実現したクラウド対応の環境であり、アジャイルなIT環境に欠かせない高い信頼性、スケーラビリティ、セキュリティを備えたアナリティクス環境とガバナンスを提供することにより、データ・サイエンティストからビジネス・アナリスト、アプリケーション開発者、そして経営幹部まで、あらゆる人々のニーズに対応します。そしてもちろん、アナリティクス分野の世界的なリーディング・カンパニーであるSASへのご期待にたがわぬパフォーマンスを実現します。

お勧めの関連資料


SAS Data Preparationの製品資料を読む


データ準備を理解するための5つの「D」とは?

記事を読む(英語)


ビジネス・アナリティクスにおけるデータ準備を改善する方法とは?

ホワイトペーパー(英語)

Back to Top