SAS® DATA PREPARATION

アナリティクス用のデータを素早く準備。コーディング、専門性の高いスキル、IT部門への依存は不要

あなた自身の手で、ビジネスに必要な洞察を手に入れ、素早く行動。確信をもって意思決定。より効率的に業務を遂行。

ビジネスユーザーによる自律的なデータ準備作業により、生産性が向上

特別なスキルは必要ありません。コーディングやSQLも不要です。直感的に操作可能なビジュアル・インターフェイスにより、技術スキル面の障壁が解消され、ビジネスユーザー自身がデータの統合や整形を行えるため、データ準備作業の敷居が下がります。この環境では、データ準備の工程は、レポーティング/アナリティクスの工程の一部として統合的に扱うことが可能です。その結果、IT部門は負担が軽減し、より戦略性の高い業務に専念できるようになり、一方で、ユーザーはデータを自在に探索し、必要な洞察を素早く導き出せるようになります。

データ準備を迅速化し、すぐに行動する

データ準備の時間が最小限に抑え、分析により多くの時間を費やすことができます。標準機能として提供される変換機能やデータ・クレンジング機能は、処理速度を向上させるためにメモリ内で実行されます。またこの環境では、高度なアナリティクス、データ・ビジュアライゼーション、データ準備の各機能をシームレスに組み合わせて活用できます。その結果、より多くの時間をかけてデータを探索し、より的確な答えを得た上で、状況に応じてニア・リアルタイムで行動できるようになります。

データ準備タスクの再利用により、効率がさらに向上 

作業の重複は貴重な時間の浪費です。SAS Data Preparationでは自動生成されたコードをIT部門と共有できるため、例えば「ソースデータが更新されるたびに、そのデータ準備タスクも実行されるようにスケジューリングしてもらう」といったことが可能です。また、他のユーザーが後で利用できるように、データ準備プランを保存・共有することもできます。作業の共有は生産性の向上につながり、関係者全員にメリットをもたらします。

チームメンバー間のコラボレーションが容易

チーム内の複数のメンバーによる協働プロジェクトが、かつてないほど容易になります。SAS Data Preparationでは、ジョブさえも、一元管理される資産として共有できます。プロジェクトのアクティビティ・フィード機能を設定するだけで、変更や更新をチームまたは個人に通知することが可能です。タスクや既存の計画の共有と再利用、更新情報の投稿、協働による作業がもたらす利点を活かして、生産性を大幅に高め、データからより多くの価値を引き出すことができます。

無償試用版

最新のSAS® Viya® の機能をお試しください

SAS® Visual Data Science Decisioningの無償の14日間試用版をぜひお試しください。SAS® Data Preparation の各種機能やアナリティクス・ライフサイクル全体のための各種機能がすべて含まれています。

KEY FEATURES

With self-service data preparation from SAS, you can access, profile, cleanse and transform data using an intuitive interface. Get the job done without an IT or data specialist.

Data access, preparation & quality

Access, profile, cleanse and transform data using an intuitive interface that provides self-service data preparation capabilities with embedded AI.

Custom chatbot creation

Create and deploy custom, natural language chatbots via an intuitive, low-code visual interface for chatbot-enabled insights and conversational user experiences​.

Data visualization

Visually explore data and create and share smart visualizations and interactive reports through a single, self-service interface. Augmented analytics and advanced capabilities accelerate insights and help you uncover stories hidden in your data​.

Access data from multiple sources

Access data from flat files, relational data sources, social media, SAS data sets, Hadoop, data lakes, the cloud, Teradata, CSV or text files, or any source defined by licensed SAS/ACCESS® software.

Ability to code

Technical users who prefer to code to access SAS Data Quality routines from SAS code or third-party coding languages (e.g., Python).

Built-in data quality & integration

Prebuilt transformations and data cleansing functions assist data scientists and business users in the exploration, refinement and transformation of data analytical readiness.

Fast, in-memory processing of data

Quickly prepare data for analysis with combined advanced analytics, data visualization and data preparation capabilities. Speed performance with bulk data movement, including parallel read/write for some sources.

Integration into analytics pipeline

Automatically integrate prepared data into the analytics pipeline, creating a seamless data discovery and data preparation user experience.

Machine learning & AI suggestions

Machine learning and AI capabilities scan data and make intelligent transformation suggestions. Accept suggestions and complete transformations at the click of a button –no advanced or complex coding required.

Powered by SAS® Viya®

SAS Viya has a completely redesigned architecture that is compact, cloud native and fast. Whether you prefer to use the SAS Cloud or a public or private cloud provider, you'll be able to make the most of your cloud investment.

クラウド・プロバイダー

実験的なものからミッションクリティカルなものまで、あらゆるアナリティクスの課題を、クラウドでの迅速な意思決定で克服しましょう。SAS Viyaの最新版は、以下のクラウド・プロバイダーで利用可能です。

SAS Cloud

SAS Viyaの最新バージョンはMicrosoft Azure上で自然に動作しますので、SASクラウドにより分析プラットフォーム全体が管理し、最適なパフォーマンスと価値が実現できます。

Azure

Microsoft社は当社の戦略パートナーであり、推奨クラウド・プロバイダーでもあります。SASとMicrosoftは、深いレベルの統合とロードマップの共有により、クラウドにおけるAIとアナリティクスの未来の形成を推し進めています。

AWS

クラウド・ネイティブとなるように設計されているSAS Viyaは、数百万のAWSユーザーが利用しているのと同じ各種クラウドサービスを活用できることに関してテストおよび承認されています。

GCP

イノベーションとオープンソース・クラウド原則にコミットしているSAS Viyaは、Google CloudにネイティブのAIと高度なアナリティクスをもたらします。

Red Hat OpenShift

近日登場予定です。Red HatとSASは、データセンター内かクラウド上か、あるいはその併用かを問わず、アナリティクスの導入展開と利用をより容易に行えるようにします。

SAS® Viya® 3.5にご興味をお持ちですか?