SAS® Visual Analytics

誰もが洞察を発見・共有し、行動の指針やヒントとして活用できる時代の到来


SAS Visual Analytics on SAS Viya shown on a laptop, tablet and smartphone

対話操作型のレポーティングから、ビジュアルなディスカバリー、セルフサービス型のアナリティクス、スケーラビリティとガバナンスまで、全ての機能を単一の強力な統合インメモリ環境で活用することができます。

SAS Visual Analytics on SAS Viya showing visual data exploration

全体像や背後のつながりを把握

意思決定の的確化をもたらす重要な推進要因を視覚的に探索することができます。事象の発生理由を解明し、あらゆる選択肢を検討することで、データの奥深くに埋もれたビジネスチャンスを発掘できます。重要な関係、外れ値、クラスターなどが自動的に強調表示されるため、行動のヒントになる重要な洞察を素早く獲得することが可能です。

SAS® Visual Analytics - reporting analytics

見るだけで理解できる動的なビジュアル表現

対話操作型の魅力的なレポートやダッシュボードを作成し、重要なパフォーマンス指標を速やかに要約してWebやモバイルデバイスで共有することができます。経営層であろうと現場担当者であろうと、即座に洞察を導き出してコラボレーションに活用し、さまざまな切り口で分析して独自の答えを見つけ、ビジネス・パフォーマンスをより正確に理解することが可能になります。

SAS® Visual Analytics - forecast

データに裏付けられた答えと洞察が呼び込む優れた結果

使いやすい予測分析機能が用意されているため、ビジネス・アナリストでも、想定しうる結果を評価し、より的確なデータ重視の意思決定を行うことができます(プログラミングは一切不要)。スマートなアルゴリズムにより、手作業で試行錯誤する必要性が低減するため、最も重要な事項に集中して専門家とコラボレーションできるようになります。

SAS® Visual Analytics - location analytics - dark theme

「何が起きた?」に「どこで?」を追加

従来のデータに位置情報を組み合わせることで、分析やビジュアライゼーションに地理空間のコンテキストを追加することができます。位置情報分析によって「どこで?」という要素を真っ先に評価できるようになるため、斬新な方法でデータを分析し、より広い視野から全体像を把握した上で意思決定を行えると同時に、場所に紐づいたチャンスも特定できます。

SAS® Visual Analytics - self service data preparation

発見プロセスを合理化/効率化

セルフサービス型のデータ準備機能により、ビジネスユーザー自身がデータのインポート、テーブルの結合、データ品質管理機能の適用、計算項目の作成など、全ての作業をドラッグ&ドロップ操作で簡単に行えます。SAS Visual Analyticsは、データのアクセス、結合、クレンジング、準備を幅広いユーザーが機敏性と信頼性の高い方法で行える環境を提供することで、組織全体にアナリティクスをより迅速、より広範に導入・定着させる取り組みを支援します。

主な特長

  • レポーティング、データ探索、アナリティクスを1つのアプリケーションで実行:対話操作型のビジュアライゼーションと使いやすいアナリティクスを用いてデータを探索できます。レポートやダッシュボードの作成・配信も可能です。
  • スマートなビジュアライゼーション:高度なデータ・ビジュアライゼーション手法と、自動チャート作成機能を備えたガイド付き分析機能により、最も訴求効果の高い方法でデータや結果を提示することができます。
  • セルフサービス型のデータ準備:簡単なドラッグ&ドロップ操作で、データのインポート、テーブルの結合、基本的なデータ品質管理機能の適用などを行えます。
  • 誰もが使えるセルフサービス型のアナリティクス:自動予測、ゴール探索、シナリオ分析、決定木など、豊富な機能を自在に活用できます。
  • テキスト・アナリティクス:ソーシャルメディアやその他のテキストデータに含まれるホットトピックに関する洞察を獲得し、(会社や商品に対する)センチメントが肯定的か否定的かを知ることができます。
  • 対話操作型のレポーティングとダッシュボード:レポート作成から、データ探索、分析、さまざまなチャネル(Microsoft Officeアプリケーションを含む)での情報共有まで、全ての作業を共通のユーザー・インターフェイスで一貫して進めることができます。
  • ロケーション・アナリティクス:従来のデータソース(トランザクション、顧客、業務データなど)を位置情報データと組み合わせ、地理空間のコンテキストに即して分析を行うことができます。
  • モバイルBI:iOS、Windows 10、Android向けにネイティブ開発されたモバイルアプリを使って、タブレットやスマートフォンで動的なレポートやダッシュボードを閲覧し、他ユーザーと交流することができます。
  • 柔軟な導入展開オプション:汎用ハードウェアで実行することも、プライベートまたはパブリックのクラウド・インフラに導入することも可能です。あるいは、PaaS(Platform as a Service)のCloud Foundryを利用することもできます。

デモ

お客様やパートナーの声

 

Royal Bank of Scotland

Electrabel社では、カスタマー・インサイト、競争力、業務効率を向上させるために、対話操作型のレポーティングおよびデータ探索機能を活用しています。

CrescentCare logo

CrescentCare社では、データ分析の高度化を通じて、地域住民の健康増進、患者の治療結果の改善に取り組んでいます。

DirectPay logo

Vecima Networks社は、SAS Visual Analyticsを活用して製造業務を高度化し、より優れた製品を生み出しています。

お勧めの関連資料

 


SAS Visual Analytics (on SAS Viya) の製品資料を読む

セミナー:新世代のBIソリューション


人、プロセス、データの課題を解決するための7つの重要なステップとは?

SAS 9.4を実行基盤とするSAS® Visual Analytics に関する情報はこちら

Back to Top