IOTアナリティクス・ソリューション

モノの人工知能(AIoT)への発展が進行中

SASのIoTアナリティクス・ソリューションを選ぶ理由

SASはアナリティクス分野の市場リーダーとして、企業や組織に対し、データの所在場所(エッジ上、ストリーミング中、保管済み)を問わず、多様なIoTデータやIoT活用の取り組みから真の価値を創出し続けるためのパワーをもたらします。SASの頑健性、拡張性、オープン性に優れた「エッジ・トゥ・エンタープライズ型」のプラットフォームは、IT環境と業務環境を橋渡しすると同時に、アナリティクス・ライフサイクル全体をカバーします。ビジュアライゼーション(視覚化)から、統計モデリング、記述的/予測的/指示的アナリティクスまで、SASはIoTアナリティクスの領域における深い専門知識(AIや機械学習、ディープ・ラーニングを含みます)を提供することで、お客様の組織におけるリスクの低減と真のビジネス価値の創出をお手伝いします。

IoTデータに高度なアナリティクスとAIを適用することで、稼働停止時間を削減

Volvo Trucks社とand Mack Trucks社では、センサーデータとSASのAIソリューションを活用して、保守整備の必要性を予測し、計画外の稼働停止時間を最小化しています。

SASのIoTアナリティクス・ソリューションを選ぶ理由

IoTパートナー・エコシステム

SASはさまざまな最先端企業とのパートナーシップを通じて、お客様がIoTデータとAIからエッジ・トゥ・エンタープライズ型の価値を創出できるよう支援しています。

GE Transportation のロゴ

GE Transportation社では、顧客がIoT環境を一貫性の高い方法で管理することを可能するエコシステムを構築するために、SASのアナリティクスを活用しています。

AIと機械学習

AIと機械学習が組み込まれた高度なアナリティクス・ソリューションを活用すると、多種多様な構造化/非構造化IoTデータソースを分析することができます。SASのアナリティクス・ソリューションなら、SASおよびオープンソースの幅広い機械学習機能や高頻度アナリティクス機能から最適な手法を選んで利用することで、ストリーミング・データの意味を理解し、すぐに行動するための洞察を獲得することができます。

VR Group のロゴ

フィンランドの鉄道会社であるVR Group社は、高度なアナリティクスを活用してセンサーデータを分析することで、事後対応型から予知保全型の保守整備体制への移行を達成しました。

ストリーミング・アナリティクス

ストリーミング・データに高度なアナリティクスとAIを組み合わせると、リアルタイムの意思決定の強化に役立つパターンが明らかになります。SASのソリューションでは、 蓄積されている豊富な履歴データを用いて高度なアナリティクスと数理的アルゴリズムを開発し、その結果をデータストリームに適用することで、ストリーミング・データを継続的にスコアリングすることができます。

SciSports のロゴ

オランダのスポーツ・アナリティクス企業であるSciSports社は、AIを活用してサッカーに関するストリーミング・データをリアルタイムで分析することで、選手の採用からファン向けのバーチャル・リアリティまで、あらゆる領域でイノベーションの道を切り開いています。

ビックデータ管理

ストリーミング・ビッグデータの利用を、必要に応じて、できるだけエッジに近い場所で行えます。SASのソリューションでは、標準装備のデータ品質管理ルーチンやテキスト処理をエッジで適用できるため、フィルタリング済みのビッグデータをその場ですぐに利用することができます。また、構築済みの豊富なコネクタとアダプタにより、「一度のプログラミングで変更なしにどこにでもデプロイ」がすぐに実現し、将来に向けた拡張性も確保できます。

Konica Minolta のロゴ

コニカミノルタ社は、時の経過とともに増え続ける膨大な量のセンサーデータを高速に処理できるアナリティクス環境から、数々のメリットを享受しています。

インテリジェントなエッジ

パワフルな最適化されたエッジ・コンピューティング環境に機械学習を組み合わせると、毎秒数百万件という大量のスループットを低レイテンシーのレスポンスタイムで処理できるようになります。SASのソリューションでは、汎用ハードウェアで構成したインメモリ方式の分散グリッド処理環境を利用できるため、データ量の増大に応じて拡大に合わせて処理能力を拡張することが可能です。

Western Digital のロゴ

Western Digital社では、製造設備のセンサーデータやデバイスのパフォーマンス・データを継続的にモニタリングする体制が整っているため、エンジニアは例外的な状況が発生したときに重要な意思決定を素早く行うことができます。

IoTおよびAI向けの業種別アプリケーション

SASのIoTアナリティクス・ソリューションは、AIをどのように活用して、さまざまな業種におけるIoTデータの最大活用(例:新たな収益源の創出、業務効率の向上、カスタマー・エクスペリエンスの差別化など)を支援するのでしょうか? ぜひ詳細をご確認ください。

お客様やパートナーの声

451 Research のロゴ

Cisco社、エッジにおけるIoTスタック向けのイベント・ストリーム・プロセッシングにSASを採用

Bloor のロゴ

SASは、ストリーミング・アナリティクスに関するBloor Research Market Updateレポートにおいて、ストリーミング・アナリティクスに関する優良ベンダーの中でも「チャピオン」の一角を占めています。

Forrester のロゴ

Forrester社、「The Forrester Wave: リアルタイム・インタラクション管理、2017年第2四半期」(英語版) でSASをリーダーと評価

もしアナリティクスがIoTの成功要件の1つであるのなら、AIという形態のアナリティクスは、IoTのポテンシャルを最大限に引き出すための必需品なのでしょうか? モノの人工知能(AIoT)は、IoTの究極のサクセス・ストーリーなのでしょうか? Oliver Schabenberger オリバー・シャーベンバーガー(Oliver Schabenberger) エグゼクティブ・バイスプレジデント, COO兼CTO SAS

SAS® のIoTアナリティクス製品

これらのSAS製品は、スケーラブルかつオープンなSAS® Platformを基盤として構築されており、IoTの業務活用の実現に役立ちます。

注目製品

関連製品

お勧めの関連資料


ビジネス担当者のための用語ガイド:IoT編


センサーデータの機会を活用する


スマート・ファクトリーをもっとスマートに

Back to Top