デジタル意思決定

SAS Intelligent Decisioning

リアルタイムのインタラクションを推進し、データ分析主導の意思決定を大規模に自動化

SAS Intelligent Decisioningによって、顧客、パートナー、サプライヤー、従業員との対話時に最良の意思決定を行うことができます。

すべてのユースケースにリアルタイムの意思決定を提供

ビジネスルールと大規模かつ高度なアナリティクスに基づき、関連性のあるインタラクティブなリアルタイムの意思決定を無数のユースケースに提供します。意思決定は展開前に簡単にテストし、期待される結果が得られることを確認できます。意思決定がビジネス全体で理解/信頼されることは、堅牢なガバナンスによって保証されます。大量のデータと意思決定は、需要に合わせて拡張できるクラウドベースのアーキテクチャで簡単に処理できます。IoTデバイスとの統合により、エッジとストリームで意思決定を伝達できます。

あらゆるスキル・セットのユーザーによる容易なコラボレーション

ドラッグ&ドロップ型のGUIとコード記述能力のいずれでも意思決定プロセスを簡単に構築/変更できます。一元管理型のデータ、モデル、ビジネスルールのリポジトリを参照し、既存の資産を選択することで意思決定を定義します。さまざまなオブジェクトとバージョンを比較して変更を理解/追跡し、チーム間のコラボレーションを容易にします。そのまま使えるロールベースのガバナンス・ワークフローを使用して正確性とタスクの透明性を確保し、さまざまな意思決定チェックポイントを適用できます。​

常に最良の意思決定に向けて

任意の言語で作成された共通のリポジトリから人工知能モデルと機械学習モデルを組み込むことで意思決定の質が向上します。​

一貫性とスピードのある意思決定に関する分析モデルを展開

共通の意思決定オーサリングおよび展開環境は、SAS、オープンソース、カスタム・コードのいずれで記述されているかに関係なく、IT部門が分析モデルを検証/展開する上で必要な時間を劇的に減少させます。SASおよびPythonの分析モデル、カスタム・コード、ビジネスルールの統合/管理/パブリッシュを1つのインターフェイスからネイティブに行い、バッチとリアルタイムのWebサービス実行の両方で同一のロジックを使用できるので、すばやい展開が可能になり、データ分析主導の業務遂行上の意思決定において整合性に対する信頼度を高ることができます。

Microsoft Power Platform内のSAS Intelligent Decisioningのパワーを活用

Microsoft Power Platformの認定コネクタであるSAS Decisioning Power Connectorを使用すると、SAS Viya環境にリンクし、Microsoft Power AppまたはPower Automate内で選択した意思決定モジュールと分析モデルを実行できます。SAS Decisioning connectorによって、AI主導のビジネス・アプリケーションおよびプロセス向の2つの主要なプラットフォームを簡単に組み合わせることができます。​

より少ない労力でより多くの意思決定を迅速に遂行

SAS Container Runtimeは、SASモデル、PythonモデルおよびPythonコードを実行するための軽量なOCI(Open Container Initiative)に準拠したDockerコンテナです。拡張性が非常に高く、Microsoft Azure、AWS、GCP上の任意のコンテナレジストリにパブリッシュできます。ユーザーはクラウド・インフラストラクチャを利用して、最小のフットプリントで展開できるので、リソースを最大限に活用して、多くの意思決定を迅速に遂行し、環境の管理に必要な労力を削減できます。

ユーザー事例

SASでスマートに業務を遂行している組織の例

主な特長

SAS Intelligent Decisioningで分析主導の堅牢なビジネスルールを簡単に作成、管理、統制し、大きな規模で意思決定を強化

データアクセス、データ準備、データ品質

AI機能を内蔵したセルフサービス型のデータ準備機能を提供する直感的なインターフェイスを用いて、データのアクセス/プロファイリング/クレンジング/変換を行えます。

カスタム・チャットボットの作成

直感的でローコードのビジュアル・インターフェイスを通じてカスタムの自然言語チャットボットを作成・展開し、チャット方式の洞察獲得や会話型のユーザー体験を実現できます。

データ・ビジュアライゼーション(視覚化)

単一のセルフサービス型インターフェイスを通じて、データを視覚的に探索し、スマートなビジュアライゼーションや対話操作型レポートを作成して共有できます。拡張アナリティクスや各種の高度な機能により、洞察が加速され、データに潜むストーリーの解明が促進されます。

使いやすいインターフェイス

意思決定フロー、ルール、データソースコードノード、分析といった最も複雑な意思決定要素でも、ドラッグ&ドロップGUIを使用するか、選択した言語でコードを記述して簡単に構築/管理できます。

意思決定および展開に関する共通の環境

意思決定フロー全体の検証が簡素化します。完全なバージョン管理により、ドキュメント、テストのトレーサビリティ、および継続性が維持されます。

リアルタイムの意思決定

顧客とのやり取りや運営ビジネス・プロセス中にアナリティクスとビジネスルールをリアルタイムで適用します。

再利用可能なコンテンツ

再利用可能なコンテンツとカスタム関数を作成して組織全体の意思決定を加速させることができます。

迅速で適切な意思決定ライフサイクル管理

変化する意思決定と顧客のダイナミクスに迅速に対応できます。制御された安全な環境でビジネスルールの定義や展開などの一般的な手動タスクを高速化し、意思決定の品質と監査可能性を担保します。組織のCI/CDプロセスを簡単に統合できます。

SASの機械学習およびモデル管理機能との統合

ビジュアル機械学習と組み合わせて使用して、SASとオープンソースの両方の統合モデル開発および管理機能を実現します。共通のモデル リポジトリにより、一元化されたモデルのガバナンスとモニタリングが容易になります。

クラウド・ネイティブ

高速でコンパクトなSAS Viyaのアーキテクチャはクラウド・ネイティブです。SAS Cloudでも、パブリック/プライベート・クラウド・プロバイダでも、クラウドの投資から最大限の価値を創出することができます。

Microsoftとの組み合わせによる機能拡張

SAS Decisioning Power Connectorを使用すると、意思決定をMicrosoft Power Platformの一部として含めることができます。モデルと意思決定をWebアプリやモバイルアプリに簡単に埋め込むことができます。インテリジェントな意思決定でビジネスプロセスを自動化し、ビジネスルールを一元管理します。

SAS Intelligent Decisioningの詳細をビデオでご確認ください

クラウド・プロバイダー

実験的なものからミッションクリティカルなものまで、あらゆるアナリティクスの課題を、クラウドでの迅速な意思決定で克服しましょう。SAS Viyaの最新版は、以下のクラウド・プロバイダーで利用可能です。

SAS Cloud

SAS Viyaの最新バージョンはMicrosoft Azure上で自然に動作しますので、SASクラウドにより分析プラットフォーム全体が管理し、最適なパフォーマンスと価値が実現できます。

Azure

Microsoft社は当社の戦略パートナーであり、推奨クラウド・プロバイダーでもあります。SASとMicrosoftは、深いレベルの統合とロードマップの共有により、クラウドにおけるAIとアナリティクスの未来の形成を推し進めています。

AWS

クラウド・ネイティブとなるように設計されているSAS Viyaは、数百万のAWSユーザーが利用しているのと同じ各種クラウドサービスを活用できることに関してテストおよび承認されています。

GCP

イノベーションとオープンソース・クラウド原則にコミットしているSAS Viyaは、Google CloudにネイティブのAIと高度なアナリティクスをもたらします。

Red Hat OpenShift

近日登場予定です。Red HatとSASは、データセンター内かクラウド上か、あるいはその併用かを問わず、アナリティクスの導入展開と利用をより容易に行えるようにします。

SAS Intelligent Decisioningの詳細情報と関連情報

下のメニューを使うと、リソースをタイプ別に閲覧できます。

    • リソースのタイプを選んでください
    • Analyst Report
    • E-Book
    • Fact Sheet
    • Industry Overview
    • Product Brief
    • Overview Brochure
    • Solution Brief
    • White Paper
    • White Paper
    • Webinar
    • Article
    • Blog Post
    • Book Excerpt
    • Case Study
    • Infographic
    • Interview
    • Research
    • Series
    • Video
    • Customer Story