SAS® VISUAL FORECASTING

信頼性の高い数百万もの予測モデルを高速かつ自動的に生成

高速性・信頼性の高い予測に基づき、将来をより的確に計画

予測プロセスを合理化および自動化

数百万もの時系列分析モデルや階層型の予測モデルを、担当者の手作業なしに、自動的に作成することができます。手作業による介入が減るため、個人の偏見が予測プロセスに入り込むリスクが低減します。また、必要とされるリソースが減ることに加え、予測分析担当者は全ての時系列について予測モデルを個別に構築・モニタリングする必要がなくなるため、より戦略的で価値の高い予測課題や自動処理に適さない課題に集中できるようになります。

将来をより的確に計画

全社規模の予測を迅速かつ自動的に、また、予測対象の事象/行動の性質を踏まえて合理的に期待しうる正確さで生成することにより、組織の計画に関連した課題を管理することができます。このソフトウェアでは数百万件の予測モデル生成においても画期的なスピードで結果が得られるため、将来の計画をより効率的かつ効果的に策定できるようになります。

現実を反映する予測を生成

ビジュアルなモデリング・プロセスを用いてシステムに供給された変数の中から、予測プロセスに影響を与えるビジネス要因、祝祭日、イベントが自動的に選択されます。また、階層的な変数群だけでなく、属性群を用いて定義されたグループに基づき、手作業で予測を上書き調整することも可能であり、その結果として得られる予測には、現実状況の複雑さがより的確に反映されます。

無償試用版

最新のSAS® Viya® の機能をお試しください

SAS® Visual Data Science Decisioningの無償の14日間試用版をぜひお試しください。SAS® Visual Forecasting の各種機能やアナリティクス・ライフサイクル全体のための各種機能がすべて含まれています。

主な特長

SAS Visual Forecastingは、信頼性の高い数百万もの予測を迅速かつ自動的に生成できるオープンな予測エコシステムを提供します。

データアクセス、データ準備、データ品質

AI機能を内蔵したセルフサービス型のデータ準備機能を提供する直感的なインターフェイスを用いて、データのアクセス/プロファイリング/クレンジング/変換を行えます。

カスタム・チャットボットの作成

直感的でローコードのビジュアル・インターフェイスを通じてカスタムの自然言語チャットボットを作成・展開し、チャット方式の洞察獲得や会話型のユーザー体験を実現できます。

データ・ビジュアライゼーション(視覚化)

単一のセルフサービス型インターフェイスを通じて、データを視覚的に探索し、スマートなビジュアライゼーションや対話操作型レポートを作成して共有できます。拡張アナリティクスや各種の高度な機能により、洞察が加速され、データに潜むストーリーの解明が促進されます。

分散処理のためのスクリプティング言語

スクリプティング環境は、高速なインメモリ時系列分析をサポートします。このスクリプティング言語では、実行時のマシンに合わせて最適化とコンパイルが行われるため、別のマシン用にコードを書き直す必要はありません。

自動時系列分析・予測

各種の関数パッケージが、時系列分析プロセスで特定のタスクを実行します。タイムスタンプ付きのトランザクション・データを時系列フォーマットに変換した上で、予測モデルを自動的に生成できます。

プロジェクト・データのセグメンテーション

データを、データの性質(動きが遅い、新規品目、季節品目など)に基づき、複数の類似する時系列セグメントに分割できます。あるいは、「需要分類(Demand Classification)」属性に基づき、事前構築済みのセグメンテーション・テンプレートを利用することも可能です。その上で、プロジェクト・パイプライン内で各セグメントを個別にモデル化します。これにより、ユーザーは各セグメントにおける時系列のパターン/特性に合わせてモデルを調整することができます。

モデルへのイベントの追加

イベント(祝祭日、小売プロモーション、自然災害など)が従属時系列に及ぼす影響をモデル化することで、モデルの精度を改善できます。このソリューションでは、標準搭載のプリセット・イベント(例:主要な祝祭日)を利用できるほか、外部のイベント・リポジトリからイベントを追加することも可能です。

ニューラル・ネットワーク(NN)と機械学習

モデリング戦略ノードでは、パネル系列、多段階(NN/回帰+時系列)、スタック型モデル(NN+時系列)のNNを組み込むことができます。特徴量の生成とNNのトレーニングを行うことや、異なるタイプのモデルからのシグナルを組み合わせる予測手法を作成すること、あるいは、時系列特性と従属変数/独立変数間の非線形関係の両方を含む課題に取り組むことなどが可能です。

柔軟性の高い予測手動調整機能

強力な手動調整機能を利用すると、階層的な変数群だけでなく、属性群を用いて定義した特定の時系列フィルタ/グループに対して、独自の調整を行うことができます。

APIと他のプログラミング言語のサポート

標準搭載の幅広い予測モデルを利用できる一方で、幅広いプログラミング言語を用いてデータに合わせてモデルをカスタマイズすることもできます。パブリックREST APIを用いて、SASのアナリティクスを他のアプリケーションに追加することも可能です。分析を実行するためのアクション/プロシジャ/APIを、SAS、Python、R、Java、Luaから呼び出すことができます。

階層間調整

階層内の各系列を個別にモデル化および予測した上で、それらの予測結果をトップダウン方式で階層構造の複数レベルを縦断して調整します。任意のレベルの予測を調整し、その調整量を下位レベルへ配分することができるため、階層構造の一貫性が維持され、個別の予測(製品別や場所別など)の合計を最上位の数値と常に一致させることができます。

追加の予測プロシジャ

SAS/ETS®SAS Forecast Server のプロシジャにもアクセスできるため、事実上、予測と時系列分析のあらゆる課題に取り組むことができます。

実行基盤はSAS® Viya®

SAS Viyaは、コンパクトかつクラウド・ネイティブで高速な “完全に再設計されたアーキテクチャ” を採用しています。SAS Cloudを使用するか、パブリック/プライベート・クラウドを使用するかを問わず、クラウド投資から最大限の価値を創出することができます。

クラウド・プロバイダー

実験的なものからミッションクリティカルなものまで、あらゆるアナリティクスの課題を、クラウドでの迅速な意思決定で克服しましょう。SAS Viyaの最新版は、以下のクラウド・プロバイダーで利用可能です。

SAS Cloud

SAS Viyaの最新バージョンはMicrosoft Azure上で自然に動作しますので、SASクラウドにより分析プラットフォーム全体が管理し、最適なパフォーマンスと価値が実現できます。

Azure

Microsoft社は当社の戦略パートナーであり、推奨クラウド・プロバイダーでもあります。SASとMicrosoftは、深いレベルの統合とロードマップの共有により、クラウドにおけるAIとアナリティクスの未来の形成を推し進めています。

AWS

クラウド・ネイティブとなるように設計されているSAS Viyaは、数百万のAWSユーザーが利用しているのと同じ各種クラウドサービスを活用できることに関してテストおよび承認されています。

GCP

イノベーションとオープンソース・クラウド原則にコミットしているSAS Viyaは、Google CloudにネイティブのAIと高度なアナリティクスをもたらします。

Red Hat OpenShift

近日登場予定です。Red HatとSASは、データセンター内かクラウド上か、あるいはその併用かを問わず、アナリティクスの導入展開と利用をより容易に行えるようにします。

SAS® Viya® 3.5にご興味をお持ちですか?

サポートサイトを見る

Back to Top