SAS® CONVERSATION DESIGNER

メッセージ送信と同等の手軽さでアナリティクスにアクセスできる時代の到来

コーディングの必要性が低い/皆無の直感的なビジュアル・インターフェイスを通じて、カスタムの自然言語チャットボットを構築できます。

ローコードのビジュアルな対話ビルダーを利用可能

直感的なビジュアル・インターフェイスにより、会話エクスペリエンスの構築作業から勘や推測が排除されるため、初心ユーザーと熟練ユーザーの両方で設計プロセスが加速します。

疑問の解消もタスクの完遂も自然言語で可能

ユーザーの要望を正確に理解し、自然言語テキストとビジュアライゼーションを用いて応答できます。

データ/レポート/ビジュアライゼーションはもとより、アナリティクスやAIにも、チャット対応のインターフェイスからアクセスすることができます。

自然言語のチャット・インターフェイスを用いてデータ/レポート/ビジュアライゼーションにアクセスできるため、より迅速かつ容易に洞察を獲得することができます。チャット・インターフェイスから直接、テキスト・アナリティクスや機械学習モデルを実行することもできます。また、作成したモデルに関するフィードバックを、理解しやすい自然言語で取得することも可能です。

主な特長

SAS® Viay® を使う誰もがボット構築者になれます。SAS Conversation Designerは、SAS Viyaを導入済みなら、すぐに利用できます。

オープン性、柔軟性、エンタープライズ対応

クラウド上で全社規模の活用のために導入展開できます。SAS Viya内部でチャットボットを設定できるほか、外部プラットフォーム(例:Live Person)に接続してチャットボットを世界中に展開することもできます。

GDPRなどの規制を遵守するための設計

会話フローの中に利用条件を含めることや、プライバシー規制やデータ・セキュリティ規制に準拠した会話を生成することが可能。会話内で共有されたデータに対するコントロールを提供することができます。

事前構築済みの各種サンプルボット

「小売業における顧客サービス」や「マーケティング・プロモーションのパフォーマンス評価」など、さまざまなユースケースのためのサンプルを用いて、ボットの構築を手早く行えます。

実行基盤はSAS® Viya®

SAS Viyaは、コンパクトかつクラウド・ネイティブで高速な “完全に再設計されたアーキテクチャ” を採用しています。SAS Cloudを使用するか、パブリック/プライベート・クラウドを使用するかを問わず、クラウド投資から最大限の価値を創出することができます。

クラウド・プロバイダー

実験的なものからミッションクリティカルなものまで、あらゆるアナリティクスの課題を、クラウドでの迅速な意思決定で克服しましょう。SAS Viyaの最新版は、以下のクラウド・プロバイダーで利用可能です。

SAS Cloud

SAS Viyaの最新バージョンはMicrosoft Azure上で自然に動作しますので、SASクラウドにより分析プラットフォーム全体が管理し、最適なパフォーマンスと価値が実現できます。

Azure

Microsoft社は当社の戦略パートナーであり、推奨クラウド・プロバイダーでもあります。SASとMicrosoftは、深いレベルの統合とロードマップの共有により、クラウドにおけるAIとアナリティクスの未来の形成を推し進めています。

AWS

クラウド・ネイティブとなるように設計されているSAS Viyaは、数百万のAWSユーザーが利用しているのと同じ各種クラウドサービスを活用できることに関してテストおよび承認されています。

GCP

イノベーションとオープンソース・クラウド原則にコミットしているSAS Viyaは、Google CloudにネイティブのAIと高度なアナリティクスをもたらします。

Red Hat OpenShift

近日登場予定です。Red HatとSASは、データセンター内かクラウド上か、あるいはその併用かを問わず、アナリティクスの導入展開と利用をより容易に行えるようにします。

SAS® Conversation Designerの詳細情報と関連情報

オンデマンドWebセミナー

 

自然言語処理の実用例: 会話型AI

会話型AIは、“ビジネス上の意思決定” の的確化やユーザー・エクスペリエンスの向上にどのように役立つのでしょうか?

サンプルコネクタ

 

会話デザイナ用のサンプルコネクタ

GitHubで入手できる当社のサンプルコネクタを使って、独自のWebアプリケーションにチャットボットを組み込みましょう。

インサイト

 

アナリティクスに関するインサイト

アナリティクスとAIに関する最新ニース、専門家や識者の見解・ベストプラクティスをご活用ください。

Back to Top