SAS® VISUAL STATISTICS

発見、予測、行動にゆるぎない確信を

複数のユーザーが同時に、データを探索し、予測モデルを対話的に作成・改良できます。

SAS Visual Statistics on SAS Viyaのロジスティック回帰の画面が表示されたデスクトップ・モニター

競合他社よりも先にチャンスを発掘

データ・サイエンティストや統計担当者は、最も適切な分析モデリング手法を用いて、オブザベーション(観測値)を詳細なレベルで分析・検討することができます。その結果、以前なら考えられなかったほどのスピードで洞察を掘り起こし、新たな収益拡大策を見つけることができます。

より優れたモデルを速やかに現場に展開

簡単かつ迅速な操作環境で、特定のグループやセグメントに対象を絞ってモデルを作成・改良し、多数のシナリオを同時に実行することができます。より多くのwhat-ifの疑問を投げかけながら、より優れた結果を追求し、自動生成されるスコアコードを用いてその結果を現場の業務に組み込むことができます。

SAS Visual Statistics on SAS Viyaのディシジョンツリー(決定木)の画面が表示されたデスクトップ・モニター
SAS Visual Statistics on SAS Viyaのクラスタリングの画面が表示されたデスクトップ・モニター

アナリティクス業務の生産性を飛躍的に向上

複数のユーザーが変数の追加や変更、外れ値の除外といったデータ操作を視覚的に行えます。その変更がモデルの予測力に及ぼす影響をその場ですぐに確認し、モデルを素早く改良することができます。

自在に実験できる環境が実現

好みの言語で作業できる究極の柔軟性が得られるため、データ・サイエンス・チームの全員が各自のスキルを最大限に発揮することができます。SAS Visual Statisticsなら、SASや他の言語(R、Python、Java、Luaなど)のどれを用いて作成されているかを問わず、全てのアナリティクス資産を1つのソリューション内で統合できます。

SAS Visual Statistics on SAS Viyaのモデル比較画面が表示されたデスクトップ・モニター

無償試用版

最新のSAS® Viya® の機能をお試しください

SAS® Visual Data Science Decisioningの無償の14日間試用版をぜひお試しください。SAS® Visual Statistics の各種機能やアナリティクス・ライフサイクル全体のための各種機能がすべて含まれています。

主な特長

対話操作型のデータ探索/ディスカバリ機能に、大量の予測モデルをその場で容易に作成・調整できる機能が融合

データアクセス、データ準備、データ品質

AI機能を内蔵したセルフサービス型のデータ準備機能を提供する直感的なインターフェイスを用いて、データのアクセス/プロファイリング/クレンジング/変換を行えます。

カスタム・チャットボットの作成

直感的でローコードのビジュアル・インターフェイスを通じてカスタムの自然言語チャットボットを作成・展開し、チャット方式の洞察獲得や会話型のユーザー体験を実現できます。

データ・ビジュアライゼーション(視覚化)

単一のセルフサービス型インターフェイスを通じて、データを視覚的に探索し、スマートなビジュアライゼーションや対話操作型レポートを作成して共有できます。拡張アナリティクスや各種の高度な機能により、洞察が加速され、データに潜むストーリーの解明が促進されます。

記述/予測モデリング

より詳細な分析を行うためのセグメントを、k平均法クラスタリング、散布図、詳細な要約統計量などを用いて視覚的に探索・評価。ビジュアルなインターフェイスまたは本格的なプログラミング・インターフェイスのどちらでも、機械学習手法を駆使して予測モデルを構築できます。

オープンなコードベースのモデル開発

SAS Studioのコーディング・インターフェイスで分析アクションにアクセスできるほか、他の言語(Python、R、Lua、Java)から分析アクションを呼び出すことも可能。また、公開されたREST API経由でSASのアナリティクス機能を既存アプリケーションに追加することもできます。

動的なグループ化処理

個々のグループやセグメントについて、そのつどデータのソートやインデックス作成を行わなくても、モデルを同時並行で構築・処理、結果を導き出すことができます。

モデルの比較、評価、スコアリング

1つ以上のモデルについて、モデル比較サマリー(例:リフトチャート、ROCチャート、C統計量、誤分類表)を生成することが可能。作成したモデルをSAS DATAステップ・コードとしてエクスポートし、新しいデータに適用することができます。

実行基盤はSAS® Viya®

SAS Viyaは、コンパクトかつクラウド・ネイティブで高速な “完全に再設計されたアーキテクチャ” を採用しています。SAS Cloudを使用するか、パブリック/プライベート・クラウドを使用するかを問わず、クラウド投資から最大限の価値を創出することができます。

SAS® Visual Statisticsの詳細をビデオでご確認ください

 

クラウド・プロバイダー

実験的なものからミッションクリティカルなものまで、あらゆるアナリティクスの課題を、クラウドでの迅速な意思決定で克服しましょう。SAS Viyaの最新版は、以下のクラウド・プロバイダーで利用可能です。

SAS Cloud

SAS Viyaの最新バージョンはMicrosoft Azure上で自然に動作しますので、SASクラウドにより分析プラットフォーム全体が管理し、最適なパフォーマンスと価値が実現できます。

Azure

Microsoft社は当社の戦略パートナーであり、推奨クラウド・プロバイダーでもあります。SASとMicrosoftは、深いレベルの統合とロードマップの共有により、クラウドにおけるAIとアナリティクスの未来の形成を推し進めています。

AWS

クラウド・ネイティブとなるように設計されているSAS Viyaは、数百万のAWSユーザーが利用しているのと同じ各種クラウドサービスを活用できることに関してテストおよび承認されています。

GCP

イノベーションとオープンソース・クラウド原則にコミットしているSAS Viyaは、Google CloudにネイティブのAIと高度なアナリティクスをもたらします。

Red Hat OpenShift

近日登場予定です。Red HatとSASは、データセンター内かクラウド上か、あるいはその併用かを問わず、アナリティクスの導入展開と利用をより容易に行えるようにします。

SAS® Visual Statisticsの詳細情報と関連情報

下のメニューを使うと、リソースをタイプ別に閲覧できます。

    • リソースのタイプを選んでください
    • Analyst Report
    • E-Book
    • White Paper
    • White Paper
    • Article
    • Blog Post
    • Book Excerpt
    • Case Study
    • Infographic
    • Interview
    • Research
    • Series
    • Video
    • Customer Story
    • Webinar

SAS® Viya® 3.5にご興味をお持ちですか?

サポートサイトを見る