SAS | The Power to Know
Blue radiance
センサーデータの機会を活用する
ホワイトペーパー

センサーデータの機会を活用する

内容

ビジネス・アナリティクスによる優位性獲得への道

組み込みセンサーの活用が急拡大しています。センサーは、製造業に、効率性の向上、顧客志向の迅速な製品開発、ターゲットの定まったアフターサービスやアップセル、そして市場の将来にフォーカスした洞察の獲得など、複数の領域で競争優位性を提供します。

しかし本レポートでも製造業のセンサー活用が遅れていることが示されています。この状況は、最新の製品テクノロジーを求める市場での地位を危うくするだけではなく、テクノロジー採用に積極的な競合他社に遅れを取ることをも意味します。

このレポートでは、IndustryWeek誌の500人の購読者の調査に基づき、企業のセンサー活用状況の詳細を示し、センサーによる製造業の競争力強化の方法、そして、センサーが生成したデータの洪水を予期せぬ危機ではなく連続した機会に変えていく準備をするための指針を提供します。

目次

  • 大企業の先導により進むセンサーの普及
  • 製造業におけるセンサーの活用形態と採用理由
  • 業種別センサー活用状況 :イノベーションの推進と行動の変革
  • センサーに関するさまざまな意見
  • 統合ビジネス ・ アナリティクス ・ プラットフォーム :不可欠な基盤
  • 今後の展望

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top