業種別アプリケーション

エネルギー業界向けのIoTアナリティクス

エネルギー負荷予測の精度を高め、不確定要素を減らし、新たな価値を創出

ビジネス面の課題

エネルギー業界は生成・供給の両面で進化を続けてきましたが、IoTには、信頼性、統合性、システムの複雑性、セキュリティをめぐる課題を克服しうるかどうかに関して史上最大級の変革をもたらすポテンシャルが秘められています。信頼性の高い接続を確保することが目の前の課題の1つである一方で、多くの企業は、IoTテクノロジーを既存のプラットフォームと統合することに苦戦しており(理由:取り組みが複雑になりすぎる傾向にあります)、場合によっては、IoTプロジェクトを安全かつセキュアにデプロイするために、データ・セキュリティに対するアプローチを再考しなければならない可能性もあります。

SASがご支援する内容

SASのソリューションを活用すると、エネルギー業界(石油・ガス業界や電力などの公益事業業界)の企業や組織は、無数のシステムやコネクテッド・デバイスから流れ込むデータストリームを、データの量や種類を問わず収集・分析することができます。また、アナリティクスの実行場所を従来のデータセンターからエッジのデバイスに移すことも可能です。SASのIoTソリューションでは、ストリーミング・データの処理環境とアナリティクスやデータを可視化する環境が統合されるため、以下のことを実現できます。

  • スマートグリッド投資の価値を最大化: 帯域幅の制約に従うために貴重なデータを意図的に破棄する必要がなくなります。SASのソリューションでは、発生元(データセンター、エッジデバイス、クラウドなど)を問わず、移動中の(=流れ続けている)IoTデータにフィルタリングと分析を適用できるため、オペレーティング・システムに過大な負荷をかけずに、より多くの新しいデータソースを活用することが可能です。
  • 電気自動車(EV)と分散エネルギー源(DER)の統合を最適化 :EVの充電ニーズとDERの可用性を予測することで、需要への対応、グリッドの安定性確保、コストの管理を向上させることができます。
  • アナリティクス・インフラを拡張: アルゴリズムの実行場所をデータの発生場所に移し、データの移動を減らすことができます。その上で、IoTインフラ全体にわたってプロセスを自動化することにより、ビジネスメリットを長期的に享受できます。
  • 新たなビジネスチャンスを開拓: SAS Platformは、需要家向けアプリケーションとグリッド関連アプリケーションの両方のイノベーション基盤となりえます。そのため、分散エネルギー源(DER)、高度なエネルギー需要予測、スマートシティーなどの領域でIoTアプリケーションの新たな可能性を追求する際に、創造性を存分に発揮できます。

SASを選ぶ理由

SASは、お客様のビジネスに最適な最先端の「エネルギー業界向けIoTソリューション」を提供する取り組みについて、豊富な経験と専門知識を有しています。

  • 高度な予測モデリング: より幅広いソース(スマートメーターや測候所など)から収集された、より大量のデータに基づき、より正確な予測モデルを作成できるため、エネルギー需要の予測精度が向上します。モデルの正確性を自動的に追跡する機能や、諸条件の変化に合わせて容易にモデルを更新できる機能も用意されています。
  • スマートメーター・アナリティクス:スマートメーターの導入と利用を最適化し、需要家とのコミュニケーションを効果的に管理することで、スマートメーターや高度検針インフラ(advanced metering infrastructure: AMI)への投資から最大限の価値を引き出すことができます。
  • 包括的な設備資産データ: 構造化データと非構造化データを全てのソースから収集して統合することで、設備資産のパフォーマンスを全社規模で把握し、グリッド信頼性の改善を促進できます。
  • 高度な早期警告アナリティクス: 潜在的な問題を早期に(場合によっては発生前の段階で)特定し、結果の改善に向けた是正措置を能動的に実行できます。
  • 自動のモニタリング機能と予測アラート機能: 稼働停止時間を減らし、重大な故障を回避し、潜在的なパフォーマンス問題の顕在化を阻止することができます。また、標準装備のワークフローとケース・マネジメント機能により、問題解決が迅速化します。

関連ビデオ

お勧めの関連資料

Back to Top