SAS® EVENT STREAM PROCESSING

ストリーミング・データを分析し、隠された洞察をAIで導き出し、適切な行動/アクションを自動的に取ることができます。

高い頻度で生成され続ける大量のストリーミング・データを直接、流れている状態のままで(蓄積する前に)分析できるため、有意義なデータに基づいて瞬時に行動/アクションを取り、それ以外のデータは無視することができます。

高速処理のための設計

毎秒数百万件という大量のイベントを低レイテンシーのレスポンスタイムで処理できるように設計されているため、他のESP(イベントストリーム処理)エンジンを圧倒するパフォーマンスを発揮します。

複数のストリーミングIoTソースを集約統合

構築済みの豊富なコネクタとアダプタにより、今日のIoTソース(構造化データ・ストリームと非構造化データ・ストリームの両方)をすぐに利用でき、将来に向けた拡張性も確保できます。

リアルタイムの対応行動を支援

カスタマイズ可能なアラート/通知/更新が正確な状況認識をもたらすため、進行中の事象や今後起こると予測される事象に適切に反応することができます。

柔軟かつオープンなモデリング環境

直感的なビジュアル・インターフェイスにより、モデルを容易に定義/テスト/改良できるため、専門のプログラマーを確保する必要はありません。このインターフェイスからコーディング環境にアクセスすることも可能です。Python開発者向けインターフェイスは、使い慣れたインターフェイス(例:Jupyter notebook)を用いたデザイン作業をサポートしています。

包括的な多段階のアナリティクス

SASをエッジやフォグ、データストアに組み込むことで、どのストリーミング・イベント・フェーズでもデータのクレンジングや分析を実行できます。SASの詳細なモデルはストリームやエッジへの可搬性が高く、サポート・ベクター・データ・ディスクリプション(SVDD)、ロバスト主成分分析、ランダムフォレスト、勾配ブースティング、ストリーミング回帰分析などのアルゴリズムをサポートしています。

イメージおよびビデオ・アナリティクス

ストリーミング・アナリティクスと映像/画像取り込み機能を、パワフルなニューラル・ネットワークと組み合わせることで、動画データや静止画データを処理できます。画像の前処理や物体の検出/分類などが可能です。

クラウド対応

BOSH Cloud Foundryをはじめとする各種クラウド・テクノロジーと互換性があり、大規模な分散型サービスに対応します。この環境では、特許取得済みの「1+N」構成のフェールオーバー、保持なしでの保証型配信、イベントストリーム・モデルのメタデータへのフルアクセス、ライブ・ストリーム・クエリ、ストリーミング・モデルの動的更新といった機能により、継続性・安全性・安定性に優れたイベントパターン検出が確保されます。

インストリーム学習モデル・ウィンドウ

様々なタスク(例:データ・ストリームの入力ソース、関心対象のパターン、派生出力アクションの指定)のために、様々なウィンドウ・タイプ(Train、Score、Calculate、Model Supervisor、Model Reader)を使用できます。

プロジェクトとサーバーの一元管理

SAS Event Stream Managerを使用すると、再利用可能な展開テンプレートの作成と管理、新しいESPサーバーの簡単な追加、ESPプロジェクトのロード/アンロードが行えるほか、自動モニタリングのためのESPエージェント・テクノロジーを用いて新しいサーバーを自動的に発見することも可能です。ESPサーバーがオフラインの場合や利用できない場合には、 リトライ機能が、接続回復時のモデル再展開をサポートします。

高速に移動するデータの「大激流」に潜むチャンスやレッドフラッグ(赤信号)を速やかに特定し、適切に対応

SAS Event Stream Processingのリアルタイム・ダッシュボードが表示されたデスクトップ・モニター

機械学習を活用して、適切な行動/アクションを取るための洞察を瞬時に獲得

業務、トランザクション、センサー、IoTデバイスなどから生じるストリーミング・データには多大な価値が潜んでいますが、それを引き出すためには十分な理解が不可欠です。SAS Event Stream Processingでは、ストリーミング・データのデータ品質機能とアナリティクス機能、さらには、ストリーミング・データを接続/解読/クレンジング/理解するためのSASおよびオープンソースの幅広い機械学習や高頻度アナリティクスの機能が、1つのソリューションに統合されています。データの流れる速度がどれほど速くても、あるいはデータ量や処理対象のデータソース数がどれほど大きくても、直感的に操作できるGUIインターフェイスで、全ての処理を効率的に実行できます。ビジネスのあらゆる側面についてパターンの定義やシナリオの適用が行えるため、俊敏性を失うことなく、問題の発生と同時にその対策を講じることが可能になります。

ビッグデータに基づく盤石な意思決定を実現

フィルタリング、正規化、分類、集約、標準化、クレンジングなどを適用した上でストリーミング型のビッグデータを保管できるため、データレイクのクレンジング作業から多大な人員とコンピューティング・リソースを解放することができます。流れているデータに直接、構築済みのデータ品質管理ルーチンやテキスト処理を適用できるため、フィルタリング済みのビッグデータをその場ですぐに利用することができます。

SAS Event Stream Processingのコラボレーション支援機能の画面が表示されたデスクトップ・モニター
SAS Event Stream Processingの使いやすいデザイン・インターフェイスが表示されたデスクトップ・モニター

データ量の増大に応じたエッジから全社レベルへの規模拡張もリーズナブルなコストで可能

エッジから全社レベルまでの規模を問わず、低レイテンシーかつ大量のスループット(毎秒数百万件のイベント)を実現するSASのパワフルなストリーム処理機能を、汎用ハードウェアで構成したインメモリ方式の分散グリッド処理環境で実行することができるため、優れたスケーラビリティを低コストで享受できます。機械学習や人工知能(AI)をはじめとする高度なアナリティクス手法を用いて、多様な構造化/非構造化データを分析すること(映像/テキスト/画像の分類・識別を含む)が可能です。

SAS® でスマートに業務を遂行している組織の例

Volvo Trucks & Mack Trucks のロゴ
SciSportsのロゴ
Rogers Communicationsのロゴ

SAS® Event Stream Processingの詳細をビデオでご確認ください

SAS Event Stream Manager product brief thumbnail

SAS® Event Stream Manager simplifies and automates deployments.  

SAS Event Stream Manager provides a repeatable, automated and traceable process to help you monitor, govern and track large groups of SAS Event Stream Processing servers. The solution works from edge to enterprise in the cloud, on-site or at the edge.

注目のパートナー

Ciscoのロゴ
SAS Gold Partnerのロゴ

Cisco と SAS

CiscoとSASは、お客様がアナリティクス・アーキテクチャをモダナイズできるようご支援するために複数の戦略的領域で提携しています。Cisco Unified Computing System™(UCS)上でSASのアナリティクスを実行すると、高速に(高頻度で)配信され続ける情報をリアルタイムで統合することができます。SASのアプリケーションとCiscoのテクノロジーとの融合のPoCからは、「信頼性の高いスケーラビリティ、データセンター・コストの削減、効率の改善により、従業員が戦略的なビジネス・イニシアチブに集中できるようになる」といった利点が明らかになっています。

SAS® Event Stream Processingの詳細情報と関連情報

    • リソースのタイプを選んでください
    • Analyst Report
    • Article
    • Benchmark Brief
    • Blog Post
    • Book Excerpt
    • Book Excerpt
    • Case Study
    • Customer Story
    • E-Book
    • Infographic
    • Infographic
    • Interview
    • Research
    • Series
    • Technical Paper
    • Video
    • Webinar
    • White Paper
    • White Paper
    • White Paper

Back to Top