SAS | The Power to Know
Blue radiance
ビジネス担当者の ための用語ガイド:モノのインターネット (IoT)編
White Paper

ビジネス担当者のための用語ガイド:IoT編

概要

この用語ガイドは、モノのインターネット(IoT)に関連する約101個の一般的な用語を収録しています。IoT は急速に進化中のテクノロジーであるため、できるだけ多くの用語を収録することは目指していません。このガイドはむしろ、基本的には技術に詳しいもののデータ専門家ではないビジネス担当者の皆さんが、この広大なIoT エコシステムを理解したいと考えた場合に手軽に参照できる資料です。テーマの性質上、専門性の高い技術用語もいくつか収録していますが、そうした用語については、特殊な「技術ヲタク用語」を使わずに説明するよう努めています。

収録用語の例:人工知能、コネクテッド・ファクトリー、音声アシスタント、音声認識、顔認識、拡張現実(AR)、機械学習、コグニティブ・コンピューティング、車車間(V2V)、チャットボット、ディープ・ラーニング、ニューラル・ネットワーク、マシン間(M2M)、スマートグリッド、スマートシティー、コネクテッド・ カー、コネクテッド・カスタマー、コネクテッド・ビークル、ジオフェンシング、...その他

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
 
 
 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
 

Back to Top