SAS® Model Manager

分析モデルの運用管理を合理化/効率化

SAS® Model Manager - cluster on desktop screens

分析モデルの登録、改良、トラッキング、スコアリング、パブリッシュ、レポーティングを、Webベースのビジュアル・インターフェイスで簡単に実行。モデルをフォルダ別またはプロジェクト別に保管。複数の候補モデルを開発・検証し、それらを評価・比較してチャンピオン・モデルを選択。チャンピオン・モデルをパブリッシュして現場での運用を開始した後は、モニタリングを通じて最適なモデル・パフォーマンスを維持することができます。

SAS Model Manager showing model performance report code on desktop monitor

分析モデルの開発プロセスを合理化/効率化

SAS Model Managerは、モデル・コレクションの作成と管理を簡素化します。Webベースのインターフェイスにより、モデル管理プロセスの自動化が容易になり、また、ユーザーはモデリング・プロセスのステップ毎に進捗を追跡できるようになるため、より効果的なコラボレーションが実現します。反復性に優れたフレームワークを利用することで、分析モデルの登録、検証、トラッキング、モニタリング、再学習が容易になるため、モデルが優れたパフォーマンスを発揮し続ける状態が維持されます。モデルの種類に合わせてワークフローをカスタマイズできるため、モデルの開発や解釈にかかわる関係者全員の間で、各モデルの最新性、定義、機能に関し統一された認識を持つことが可能になります。

SAS Model Manager showing model performance report plot on desktop monitor

モデル・パフォーマンスを常に最高レベルに維持

分析モデルの検証と比較をWebベースのインターフェイスで簡単に行えるため、モデルに関する作業効率とガバナンスは確実に向上します。モデル・パフォーマンス・レポートやアラートにより、モデルの劣化の兆候を容易にトラッキングできます。分析モデルが複数の部門にまたがって使用される場合や、分析モデルがチャンピオンとして選定され他のアプリケーション内で使用される場合でも、(一元管理型のリポジトリを通じて)詳細なトラッキング・レポート、検証レポート、監査レポートが作成されます。継続的なモニタリングを通して、モデルの改廃が必要なタイミングを特定することも可能です。また、モデル再学習プロセスがモデル開発環境と統合されているため、効率が向上します。

SAS Model Manager showing model comparison on desktop monitor

監査可能性と規制コンプライアンスを確保

一元管理型のモデル・リポジトリ、ライフサイクル・テンプレート、バージョン管理機能によって分析プロセスの「見える化」が実現し、内部ガバナンス/外部規制のコンプライアンス対応のための完全なトレーサビリティと監査可能性が担保されます。例えば、Basel IIリスクモデル検証レポートは、内部の信用リスク計測システムの健全性の評価、変則性のトラッキング、さらには、規制当局の問い合わせに対する速やかな回答を可能にすることによって、コンプライアンス要件を満たす透明性を実現します。

SAS Model Manager showing model repository on desktop monitor

モデル・コレクションの状況/状態を完全に把握

モデルの登録、検証、モニタリング、再学習を行うための一元管理型の効率的かつ反復可能なプロセスが提供されているため、モデルの作成から、使用、廃止までをトラッキングできます。バージョン追加時にはモデルのプロパティおよびファイルのスナップショットが保存されるため、確実、完全なバージョン管理を実現します。モデルはセキュアに維持管理され、また、モデルのバージョン履歴はロックされた上で保持されます。

Diagonal screens texture cobalt

デモ

SAS® Model Manager の活用例

SAS Model Managerは分析モデルのトラッキング、ガバナンス、パブリッシュ、パフォーマンス・モニタリングによりアナリティクス・ライフサイクルをサポートします。 SASのプリンシパル・プロダクト・マネージャーであるスティーブ・スパラーノ(Steve Sparano)がデモンストレーションでご紹介します。

特長

  • 一元管理型のモデル・リポジトリ:Webベースのセキュアな一元管理型のリポジトリを経由して、分析モデルを簡単に管理できます。
  • 分析ワークフローの管理:モデル・ライフサイクル管理のためのカスタム・ワークフローを、全てのフェーズ(課題の定義からモデルの開発と利用まで)において定義することができ、トラッキングすることができます。
  • モデルの検証:正確な方法論と、スコアリング・テストの結果を毎回自動記録するシステムを用いて、モデルが本稼動環境に展開される前にモデルのスコアリング・ロジックを検証することができます。
  • パフォーマンスのモニタリングとレポーティング:テスト中および本稼動中に、自動的にモデル・パフォーマンスをモニタリングし、レポートを作成することができます。プロセスを規定するテンプレートに沿って検証時のパフォーマンスや承認プロセスが文書化されるほか、本稼動用のチャンピオン・モデルが選定され、前世代のモデルが廃止された時点も監査証跡が作成されます。
  • 総合モデル・ライフサイクル管理: あらかじめ用意されているモデル・ライフサイクル・テンプレートを用いて、協働でプロジェクトを管理できます。
SAS Viya

 

このソリューションの実行基盤となるSAS® Viya®は、アナリティクスにおけるあらゆる課題を克服できる幅広さと深さを兼ね備えた、最先端のオープン・プラットフォームです。SAS Viyaは統一された環境でアナリティクスに必要な機能を全て実現したクラウド対応の環境であり、アジャイルなIT環境に欠かせない高い信頼性、スケーラビリティ、セキュリティを備えたアナリティクス環境とガバナンスを提供することにより、データ・サイエンティストからビジネス・アナリスト、アプリケーション開発者、そして経営幹部まで、あらゆる人々のニーズに対応します。そしてもちろん、アナリティクス分野の世界的なリーディング・カンパニーであるSASへのご期待にたがわぬパフォーマンスを実現します。

お勧めの関連資料


SAS Model Managerの製品資料を読む


アナリティクスに関する最新ニュースと専門家や識者の知見


アナリティクスを現場業務に組み込んでビジネス価値を高める方法とは?

ご購入に関する情報をお探しですか?

Back to Top