モデルのデプロイ(業務実装/現場展開)と管理

SAS Model Manager

合理化/効率化されたセキュアなModelOpsプロセスを構築

データ・サイエンティスト、MLOpsエンジニア、ビジネスアナリストを接続。モデルを迅速に展開。オープンソースと統合。

モデルのガバナンスと透明性を確保

あらゆる種類のモデルと分析資産向けの一元化された検索可能なリポジトリにより、分析プロセスを完全にビジュアル化してトレーサビリティとガバナンスを確保できます。このソリューションは、バージョン管理でモデル管理を簡素化します。モデル管理プロセスの各ステップを通じてプロジェクト履歴を追跡し、各モデルの通貨、定義、価値を一元的に把握できます。オープンREST APIを使用してモデルとモデル・スコア成果物にアクセスすることによりIT作業が合理化されます。​

モデルを簡単に検証して高品質の予測を保証

オープンソース・パッケージであるsasctlを使用して、Pythonベースのモデルの実行可能スコアリング・コードを自動的に生成します。​使いやすいノーコード・インターフェイスから、モデルを簡単にテストし、モデルを本稼働環境にプッシュする前にモデル・スコアリング・ロジックを検証できます。​

構築後は再コーディングなしで任意の場所に展開可能

解析モデルをイノベーション・ラボから本稼働環境に効率的に移行できます。SAS Model Managerは、モデルのデータベースへの展開、バッチによるデータ・スコアリング、リアルタイムのREST APIスコアリング・エンドポイントのホスト、Docker/Azure/GCP、またはAWSのレジストリでホストされているコンテナへのモデルのプッシュ、Azure Machine Learningへの直接展開のニーズに対応します。

モデルを自動的にモニタリングし、パフォーマンスを常に最高レベルに維持

SAS Model Managerは、モデルの構築に使用された言語に関係なく、モデルの開始から使用、廃止まで、モデルのパフォーマンスを自動的にモニタリングします。パフォーマンス・ベンチマーク・レポートには、モデルのスコアリング・パフォーマンスが記載され、必要な標準への準拠が記録されます。モデルの減衰を示すアラートが生成されます。モデルはさまざまな部門で使用されるため、このソリューションは広範な追跡、検証、監査レポートを生成し、他のアプリケーションで使用するためにチャンピオン・モデルをマークします。継続的なモニタリングにより、モデルを改良または廃止するタイミングを把握できます。

内部または外部の変化を反映するようにモデルを適応させることで効率を改善

変化する市場やビジネス状況に対応するためにモデルを継続的に更新新しいデータで既存のモデルを再学習することや、特徴量エンジニアリングまたは新しいデータ要素を使用してモデルを修正することができます。モデル再学習は、効率性向上を目的としてモデル・パイプライン処理環境と統合されています。

CI/CDアプローチを使用してモデルのライフサイクルを自動化することで時間とリソースを節約

SAS Model Managerでは、オープンREST APIを使用して複数の環境、ツール、アプリケーションを統合できます。ビジネス要件とプロセスに一致するカスタム・ワークフローを作成することで、分析ライフサイクルを自動化できます。​

試用版(英語)

最新のSAS Viyaの機能をお試しください

SAS Viyaの無償の14日間試用版をぜひお試しください。SAS Model Managerの各種機能やアナリティクス・ライフサイクル全体の各種機能がすべて含まれています。

主な特長

モデル管理プロセスを簡単に自動化するWebベースのインターフェイスを使用して、モデル・コレクションの作成と管理を簡素化

データアクセス、データ準備、データ品質

AI機能を内蔵したセルフサービス型のデータ準備機能を提供する直感的なインターフェイスを用いて、データのアクセス/プロファイリング/クレンジング/変換を行うことができます。

カスタム・チャットボットの作成

直感的でローコードのビジュアル・インターフェイスを通じてカスタムの自然言語チャットボットを作成・展開し、チャット方式の洞察獲得や会話型のユーザー体験を実現できます。

データ・ビジュアライゼーション(視覚化)

単一のセルフサービス型インターフェイスを通じて、データを視覚的に探索し、スマートなビジュアライゼーションや対話操作型レポートを作成して共有できます。拡張アナリティクスや各種の高度な機能により、洞察が加速され、データに潜むストーリーの解明が促進されます。

一元管理型の検索可能なモデルリポジトリ

一元化されたセキュアなWebベースのリポジトリ経由で分析モデルを簡単に管理事前構築済みのモデルのライフサイクル・テンプレートを使用してプロジェクトを共同で管理できます。

カスタム・ワークフローによるタスクの自動化

モデル・ライフサイクル管理のすべてのフェーズ(問題ステートメントの作成からモデル開発、利用まで)のカスタム・ワークフローを定義して追跡できます

構築後は任意の場所に展開可能

バッチまたはリアルタイム、クラウドまたはエッジでの迅速で自動化されたモデル展開により、数回のクリックでモデルをビジネス・プロセスに簡単に展開できます。

REST API経由でのプログラミングのみの対話

REST APIを使用して、モデルへのアクセス、モデルの比較、評価、スコアリングを行うことができます。

クラウド・ネイティブ

SAS Viyaのアーキテクチャは、コンパクトかつクラウド・ネイティブで高速です。SAS Cloudでも、パブリック/プライベート・クラウド・プロバイダでも、クラウドの投資から最大限の価値を創出することができます。

クラウド・プロバイダー

実験的なものからミッションクリティカルなものまで、あらゆるアナリティクスの課題を、クラウドでの迅速な意思決定で克服しましょう。SAS Viyaの最新版は、以下のクラウド・プロバイダーで利用可能です。

SAS Cloud

SAS Viyaの最新バージョンはMicrosoft Azure上で自然に動作しますので、SASクラウドにより分析プラットフォーム全体が管理し、最適なパフォーマンスと価値が実現できます。

Azure

Microsoft社は当社の戦略パートナーであり、推奨クラウド・プロバイダーでもあります。SASとMicrosoftは、深いレベルの統合とロードマップの共有により、クラウドにおけるAIとアナリティクスの未来の形成を推し進めています。

AWS

クラウド・ネイティブとなるように設計されているSAS Viyaは、数百万のAWSユーザーが利用しているのと同じ各種クラウドサービスを活用できることに関してテストおよび承認されています。

GCP

イノベーションとオープンソース・クラウド原則にコミットしているSAS Viyaは、Google CloudにネイティブのAIと高度なアナリティクスをもたらします。

Red Hat OpenShift

近日登場予定です。Red HatとSASは、データセンター内かクラウド上か、あるいはその併用かを問わず、アナリティクスの導入展開と利用をより容易に行えるようにします。

ユーザー事例

SAS Model Managerでよりスマートに作業しているユーザーの紹介

  • 「SASの導入後は、よりスマートに作業できるようになりました。情報の中に潜んでいて以前は得られなかったインサイトを把握できまるので、より効率的かつ効果的に対策を講じ、お客様のためにより良い結果を推進することができます」

    David Pardue氏(Mack Trucks、 コネクテッドビークル&アップタイムサービス担当バイスプレジデント) 

  • 「SASは、技法、データソース、展開、さらにはプログラミング言語の選択肢を通して柔軟に適応できると同時に、結果を制御できるスピードとスケーラビリティも提供します」

    Paul Reed氏(USG、プリンシパルテクニカルマネージャー)

  • 「SASによってモデリングが容易になり、それは数百万ドルの価値に相当します」

    Tim Berryman氏(Georgia-Pacific、意思決定分析責任者)

    関連製品

    SAS Model Managerの関連製品もぜひご確認ください。いずれもパワフルなSAS® Platformを基盤としています。