ワランティ・コスト削減

リスクの最小化、収益性の改善を推進

SAS® がワランティ・コスト削減を実現する方法

SASが提供するワランティ・コスト削減機能を活用すると、保証、販売、コールセンター、エンジニア、技術担当者などからのデータを統合して解析することができます。早期アラート指標に注意を払って問題の萌芽を見つけ出し、根本原因を特定することや、発生したアラートの優先順位を判断した上で適切な担当者に送信することが可能です。

早期警告/アラートの活用

  • 早期警告アルゴリズムを用いて、製品/コンポーネント/故障の膨大な組み合わせを自動的に分析
  • 問題の萌芽の発見、潜在的な問題の特定、根本原因の判断を素早く実行
  • 高度なアナリティクス機能を用いて特定の部品に関する保証請求率を分析し、請求率の急激な上昇などについてアラートを送信

知覚品質(顧客が体感する品質)

  • あらゆるタイプの構造化データと非構造化データを統合して分析し、保証請求履歴やサービス実施報告書に埋もれている貴重な情報を発掘
  • 社内外のソースから顧客のフィードバックをリアルタイムで取得・分析することで、デザイン改良のヒントや、保証やリコールに関連した問題の早期警告を取得
  • 正式な苦情には至らないものの実際には顧客に不満を感じさせている問題点を検知できるため、プロアクティブ(能動的)に対策を講じ、ブランドの資産価値と競争優位性の低下を未然に防ぐことが可能

コネクテッド・サービス

  • 各種のコネクテッド・デバイスから貴重な洞察を導出することで、サービスの内容と信頼性を強化
  • エッジでのアナリティクスを用いてリアルタイム通知を提供
  • リアルタイムの製品パフォーマンスを保証請求に結び付けて分析

ワランティ・コスト削減にSAS® を選ぶ理由

圧倒的に優れた顧客サービスで肯定的なブランドイメージを醸成。サービス提供コストを適切に管理。そして、サービス業務の様々な課題にスマートな方法で対応。

フィールド品質問題の検知と解決を迅速化

保証請求データを製品データ、販売データ、テレマティクス・データと組み合わせて分析し、整理統合された単一のビューを確立することができます。その上で機械学習を適用することにより、問題の萌芽を自動的に検知し、それが製品のパフォーマンスに深刻な影響を及ぼす事態を未然に防止できます。

ビジネスインパクトに基づき問題の優先順位を判断

保証関連データ(ワランティ・データ)を財務情報やリスク情報と組み合わせて分析できます。特許取得済みの分析モデルを用いて故障状況を切り分け、真の根本原因を特定できるため、十分な情報に基づき是正策を判断することが可能です。また、高度な予測手法や信頼性手法(ワイブル分布など)を用いて、コストや顧客に対する悪影響の度合を理解できるため、問題に優先順位を付け、最も影響の大きい問題にリソースを集中させることができます。

顧客満足度とブランド資産価値を向上

顧客に喜んでもらうことにより、総合的なカスタマー・エクスペリエンス指標の目覚ましい改善を推進できます。そして、大きな満足を感じた顧客はリピート購入したり、製品やサービスを他人に勧めたりする可能性が高いため、それがひいてはメーカーにとっての利益につながることになります。

Back to Top