業種別アプリケーション

製造業向けのクラウド・コンピューティング

ほぼ全てのパブリック/プライベート/ハイブリッド型クラウド上で、製造アナリティクスを実行することが可能

ビジネス面の課題

現代の製造企業は、ネットワーク化された産業環境に特有の複雑なIT(情報テクノロジー)やOT(業務遂行テクノロジー)と格闘し続けています。Industry 4.0(第四次産業革命)という新たな時代は、こうした高まり続ける苦難の軽減を促進する可能性があります。しかし、長期的なメリットは短期的な苦難と引き換えに得られるものであり、また、センサーデータはもはや工場内にのみ存在するものでなはなく、様々な現場の多様なコネクテッド製品からも流れ込むようになっています。そして製造企業は、オートメーション・システムから履歴データ、MESシステム、ERPレイヤー、クラウドに至るまで、幅広いIT/OT環境にまたがってアナリティクスやデータ管理の規模を拡大することは、さらに難しい課題だと認識しつつあります。この点は、厳格なセキュリティや安全性要件を維持管理する必要のある企業の場合は特に顕著です。

SASがご支援する内容

SASのクラウド・コンピューティング・ソリューションなら、組織のアナリティクス成熟度に関係なく、製造アナリティクス・ソフトウェアを活用して業務における意思決定を改善することができ、セキュアな信頼性に優れたインフラがもたらす安心感も得られるほか、以下のことも実現できます。

  • 製品品質と歩留まりを改善すると同時に、リスクの軽減も達成するために、IoTデータを分析してオペレーションに関する洞察を獲得
  • IoTセンサーデータの収益源化や革新的な新しい収益源の開発を図るために、データ/アナリティクス/意思決定に関する全てのニーズを網羅的にサポートするアナリティクス基盤を導入
  • オペレーションの改善や真のビジネス価値の創出を図るために高速なビッグデータ分析を実現できるような、統合性・俊敏性に優れたエンドツーエンド型のプラットフォームを確立
  • 製造現場から役員室に至るまで、チームメンバー全員が日常業務にアナリティクス手法を適用できるように、あらゆるユーザー層に対応可能なアナリティクス環境を整備

SASを選ぶ理由

SASは、お客様の操業・業務に最適な最先端の製造アナリティクス環境をクラウド経由でセキュアな方法を用いて提供する取り組みについて、豊富な経験と専門知識を有しています。

  • Software as a service (SaaS):SASのマネージドSaaSオファリングは、すぐに利用できるように準備されているだけでなく、要件の変化に応じたカスタマイズにも対応しています。また、SASでは、カスマイズなしで、そのまますぐに利用できる標準化されたオフザシェルフ型のSaaSオファリングも提供しています。
  • Results as a service (RaaS):これは、受賞実績のあるソフトウェアにエキスパートによる処理代行サービスを組み合わせたオファリングです。お客様が品質、サービス、サプライチェーン、カスタマー・エクスペリエンス、製造オペレーションなどについて、より強力な洞察を、より手軽に活用できるようご支援します。ソフトウェア・ライセンスやインフラの購入は一切不要であり、ソリューションの利用料は、お客様が必要とする機能に応じて決まります。お客様からご提示いただいたデータとビジネス課題に基づき、弊社がアナリティクスを実行し、その結果をお届けします。
  • ホスティング型またはリモート管理型のソフトウェアおよびサービス: お客様の拠点またはSASの拠点で稼働するインフラ上で、最先端のSASテクノロジーを最大限の稼動率で活用することができ、いずれの場合も運用管理はSASにお任せいただけます。
  • パブリック/プライベート・クラウドに導入展開されたSASソフトウェア: SASでは、SASのソリューションをパブリックまたはプライベート・クラウドにデプロイする複数の方法を提供しています。これには、Dockerコンテナのようなデプロイメント・パターン、オーケストレーションのためのKubernetes、あるいはCloud Foundryのサポートなどが含まれます。
  • クラウド専用のSASオファリング:SASは大手のクラウドインフラ・プロバイダー(Amazon, Microsoft、Google、Oracleなど)との協業を通じて、パブリック・プラウドにおけるSASソリューションの導入展開を合理化/効率化しています。また、製造業を含む、特定の業種向けのクラウドベースのソリューションを提供する数多くのマネージド・アナリティクス・サービス・プロバイダー(MASP)と提携しています。

Back to Top