サプライチェーン最適化

市場駆動型の統合アプローチを活用してサプライチェーンを管理

SAS® がサプライチェーン最適化を実現する方法

SASは、最新の正確なデータに基づき高精度な需要予測、需要感知、需要形成を実行する機能を提供しています。その結果、ほぼリアルタイムで需要と連動して調整される在庫管理や、需要予測との連携が取れた供給計画を実現できるようになります。

需要駆動型の計画

  • あらゆるレベルで正確なフォーキャスト(時系列予測)を作成。SKU別の予測にも対応
  • 時系列予測機能を用いて自社のビジネスの現実を反映するモデルを構築。 間欠需要、新製品投入、価格設定、プロモーション、さらには天候といった要因を考慮に入れることが可能
  • 洗練された最適化アルゴリズムを用いて予測結果を比較・調整した上で、ベストな戦略を選択

多階層の在庫最適化

  • 生産と物流を複数のレベルで管理し、顧客ニーズの変化や市場の変動に対応
  • 最新のシミュレーション手法で多階層の最適化を行い、最適な在庫ポリシーを計算
  • 予測モデリングとwhat-if分析を活用して、様々な変数が需給バランスに及ぼす影響を判断

需要の感知と形成

  • 市場の変化の兆候となる需要シグナルを、より迅速に感知
  • 季節変動、価格、プロモーション、イベント、マーチャンダイジングなどの需要シグナルをいち早く察知し、市場駆動型の対応をより効果的に実施
  • 視覚的なアプローチで需要データを分析し、売上や出荷の状況、価格設定や販促の影響、業務別/カテゴリー別/地域別の実績に関して未知のパターンや洞察を発掘

サプライチェーン最適化にSAS® を選ぶ理由

需要を形成する(そして需要予測にも役立つ)市場シグナルを感知。組織全体のデータだけでなく外部のデータも統合。その上で、サプライチェーン全体の応答性を最適化。

顧客およびサプライチェーンに関する情報共有とコラボレーションを推進

販売、マーケティング、財務、業務、仕入などの業務部門、さらにはサードパーティの関係者も含めたコラボレーションを促進することができ、統合事業計画(IBP)プロセスとの連携もサポートできます。対話操作型ダッシュボードにより、予測パフォーマンス指標の監視、追跡、レポート作成が行えます(例:予測付加価値レポート)。また、予測プランニング機能では、自動化されたワークフローを用いて、統計に基づくコンセンサス・フォーキャスト(関係者の合意による予測)を生成できます。

在庫不足や過剰在庫を回避

需給の変動に対する洞察をほぼリアルタイムに獲得できます。多階層最適化を用いて最適在庫ポリシーを計算することや、what-if方式の離散型イベント・シミュレーションを用いて事前にポリシーを検証することが可能です。予測モデリングやwhat-if分析を利用すると、様々な変数が需給バランスにどのように影響するかが明らかになるため、例えば、最も必要とされている場所に商品を移動することで、顧客需要を満たしながら、全社的な在庫コストを適切に管理することができます。

計画の実施結果を改善

IBPプロセスと連携して機能する環境で、バイアスを排除したコンセンサス・フォーキャストを生成することができます。時系列予測と機械学習を組み合わせた予測機能を活用して、間欠需要、新製品の投入、廃止製品を考慮したモデルを作成することもできます。また、洗練された最適化アルゴリズムにより、需要予測に基づいて最良の行動/アクションを選定することも可能です。

Back to Top