洪水災害の予測と対策整備

POWERED BY AZURE IOT

救急サービスへの警報や市民安全の改善に必要となるリアルタイムの状況認識能力を確保

世界中の地方自治体が、自然事象(雨、雪、ハリケーン、高潮など)および非自然事象(水道管の破裂、給排水システムの不具合など)の両方に起因する洪水災害のリスクに晒されています。人口増加と都市化により、これらのリスクは年々増大しています。河川の水位や流速といった要因に対する可視性をほとんど持たない状況では、洪水災害にタイムリーに対応するための準備態勢を整えることは不可能です。SASにはその取り組みを支援するソリューションがあります。

EMPOWERED CLOUDへようこそ

SASとMicrosoftが「クラウドにおけるアナリティクスの将来」と「マネージド型アプリケーション・サービスの果たす役割」を再定義するために力を合わせました。

SAS® が「洪水災害の予測と対策整備」を実現する方法

このSASソリューションは、SAS Analytics for IoTとAzure IoTを稼働基盤としており、“容易に設置できる太陽光発電センサー” と “クラウドベースの予測的アナリティクス” を組み合わせることで、リアルタイムの状況認識能力を改善します。

容易に設置できるセンサー

  • 太陽光発電型かつ携帯電話通信対応のセンサーが、河川、港湾、沿岸地域、橋梁付近などにおける水位、水深、流量、降雨量などの指標を測定します。

洪水の発生可能性の予測とアラート

  • センサーからのテレメトリー・データは携帯電話通信を介してクラウドへとアップロードされ、気象データと組み合わせられます。
  • 機械学習を用いて洪水災害の発生可能性を予測し、事前に担当チームにアラートを発行します。
  • Webベースのアプリが “水域のマップビュー”、“リアルタイムおよび過去のデータ”、“アラートと予測のサマリー情報” を提供し、迅速な対応行動を可能にします。

既存のプロセス/システムとの統合

  • SASのソリューションは、既に運用中のプロセスやシステムと容易に統合できるため、多額の投資を行わずに洪水対策をサポートすることが可能です。

「洪水災害の予測と対策整備」にSAS® を選択する理由

リアルタイムの状況認識能力を確保することにより、市民や財産への壊滅的な打撃を軽減するように設計された「緊急時対策整備の強化、迅速な対応行動、プロアクティブな情報伝達」を実現します。

壊滅的な洪水に対する防災体制の強化

洪水の現況や予測に対するリアルタイムの可視性により、市民の安全と救急サービスの対策整備を改善することができます。

対応行動の迅速化

対応行動の手順を自動化および効率化することにより、洪水災害が財産/インフラ/市民生活に与えるインパクトを軽減することができます。

状況認識能力の改善

リアルタイムの状況認識と過去データに基づく洞察により、緊急時計画を強化することができます。

ノースカロライナ州のケーリー市はSAS® Analytics for IoTとAzure IoTを使用した洪水予測システムを新たに開発しました。

「局地的な洪水はすべてのコミュニティが経験しているものであり、我々もその例外ではありません。センサー、気象データ、SAS IoTアナリティクスとAzure IoTプラットフォームを使って川の水位上昇の状況認識を改善し、洪水の起こる場所を予測し、自動化によって危機対応能力を向上させることを期待しています。ケーリーではこのデータを隣接するコミュニティに公開し、住民サービスの向上を支援しています。」

ケーリー市最高情報責任者、ニコール・ライムンド氏

米ノースカロライナ州ケーリー(Town of Cary)の洪水予測&モニタリング・システムが、Cleantech Innovation Awardを受賞しました。

関連情報

Government Innovation Awardの受賞は、SASとMicrosoftのクラウド・パートナーシップの早期の成功を象徴しています。

アナリティクスはスマートシティー向けのIoT機能をどのように強化するのでしょうか?

SAS Analytics for IoTは、AI機能と業界をリードするストリーム処理機能を標準搭載したパワフルなIoTアナリティクスを提供します。

デジタル・トランスフォーメーションの民主化: テクノロジーとIoTを全員が利用できるようにすることは、取り組みの的確性を維持し、イノベーションのメリットを享受するために必要不可欠です。

AIや機械学習を標準装備した高度なIoTアナリティクスは、都市や行政当局におけるライフライン、保安・警察、社会的保障といったサービスのスマート化をどのように促進するのでしょうか?

スマートシティーのイノベーターが洪水対策に取り組むと、何が起きるのでしょうか?

スマートシティーやスマートコミュニティはどのようにSASを活用しているのでしょう?

「洪水災害の予測と対策整備」のためのソリューションで嵐を切り抜ける

IoTプラットフォーム: お客様の成功基盤