業種別アプリケーション

官公庁向けのAI

行政機関が抱える諸問題の解決プロセスに、飛躍的な前進を実現

ビジネス面の課題

世界中の官公庁は、かつてないほど多くの課題に直面しています。具体的には、不正や不適切な支出と闘いながら、より優れた福祉や行政サービスを低コストで市民に提供していく必要性や、テロリズムの脅威に対峙して公共の安全や国家の安全保障を改善していく必要性、急増する医療費を抑制しながら、より優れた医療を実現していく必要性など、挙げればきりがありません。

それと同時に、官公庁は、これらの課題の解決に役立つ可能性を秘めた多様なデータを、かつてないほど大量に生成・収集・蓄積するようになっています。しかしながら、現代の官公庁が管理しなければならないデータの大量性・高速性・多様性を考えると、データから洞察を導き出すための従来のアプローチは、もはや十分な効果を発揮しません。官公庁にとって、データを実用的な情報に変えるための新しい方法を見つけ出すことは、ますます重要になり続けています。

AIがどのように役立つか

新しいAI手法は、複雑なタスクを自動化したり、官公庁が保有する幅広いデータ全体から以前の手法では不可能だった洞察を導き出したりすることができます。以下に示すのは、官公庁でAIを活用する方法のほんの一部です。

  • 不正や不適切な支出の検知を自動化: 機械学習機能(ディープ・ラーニングも含みます)は、システムに対し、データ内の外れ値を検知する方法や、かつてない精度と “記憶力” で既知のパターンに対してデータを照合する方法を教えることができます。これにより、金銭の移動が発生する前に不正や不適切な支払を未然に阻止し、補助金/助成金や行政サービスを本当に必要としている人々の元に確実に届けることが可能になります。
  • 児童福祉の確保を推進: 児童福祉機関は、テキスト・アナリティクスや自然言語処理などのAI機能を活用して、危機に瀕している児童を特定し、介入措置を推奨することによって、虐待を未然に防ぐことができます。
  • 施策の効率性と実効性を改善: どれほど複雑なタスクかを問わず、反復的なタスクをAIで自動化できる機能は、官公庁の業務効率に革命をもたらし、数百または数千時間もの作業時間の節約を実現し、限られたリソースを解放して他の重要な問題にフォーカスできるようにします。
  • 国家の防衛をサポート: 軍隊組織や諜報機関は予防保守機能を活用することで、ミッション遂行の準備体制や、安全性、即応性を確保することができます。
  • スマートシティーをさらにスマート化: ビッグデータ・アナリティクス、センサー・テクノロジー、モノのインターネット(IoT)、機械学習、コグニティブ・コンピューティングは、地方政府/地方自治体が市民のニーズに対する理解を深め、地方独自の解決策を提供することを可能にします。

SASを選ぶ理由

SASは高度なアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、「周到に設計され適切に実装されたアナリティクス戦略こそが、組織の目標をより効率的かつ効果的に達成するために役立つ」ということを理解しています。だからこそ、SASは、パワフルなSAS® Platformから、官公庁向けに最適化された各種ソリューションに至るまで、自社のソフトウェアにAI機能を組み込んでいます。SASのAI機能は、解釈可能性と透明性が重視されており、ユーザーがアルゴリズムの出力の理由や意味について理解を深めることを可能にするほか、個人情報を自動的に識別し、より適切に管理および保護することもできます。

40年以上前のことになりますが、SASの最初のお客様は行政機関でした。今日では、世界中の650以上の省庁、部門、役所、機関がSASを活用しています。SASは、高度なアナリティクスの分野におけるリーダシップ、AI分野における専門知識、そして行政業務に関する専門知識に基づき、官公庁のニーズに合った「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

官公庁向けのAIソリューション

Back to Top