Data for Good

データを活用した人道支援/社会支援

データを見て数値を理解するだけの人もいれば、
数値から特定の境遇に置かれた人々の顔を想像する人もいます。

SASは「Data for Good(データを活用した人道支援/社会支援)」というムーブメントの一翼を担っていることを誇りに思います。これは、貧困、健康、人権、教育、地球環境といった人道問題の解決に向け、有意義な方法によるデータ活用を推進していく取り組みです。

WildTrack と SAS: 絶滅危惧種を足跡で救う

チーターがこの世界から消滅しようとしています。生物多様性は私たち人間にとって必要なすべてのものの基盤ですが、誰もが思っているよりはるかに速く消え去ろうとしているのです。WildTrackはAIを活用して、先住民と同じように足跡から動物の行動を監視し、種を絶滅から救おうとしています。

データが世界をより良い方向へと導きつつあります

インサイト

ユーザー事例

「Data for Good」がSASのDNAの一部であることは、とてもエキサイティングです。全ての企業がそうではありませんから。…(中略)…お勧めの映画の予測精度を上げるためにデータを活用する段階から、この世界の在り方に関する意思決定を向上させるためにデータを活用する段階へと進化していくためには、私たち全員の関与が不可欠です。 ジェイク・ポールウェイ(Jake Porway)氏 創業者 兼 エグゼクティブ・ディレクター DataKind社

「Data for Good」プロジェクト

災害復旧における対応行動の迅速化

メンタルヘルスに関する対話の変革

子供のための安全な環境の確保

Back to Top