意思表示をするしっかりと問題を見つめる

AIを活用し森林破壊の原因を特定する時、「見る」ことは「守る」ことになります。

アマゾンは、消滅しつつあります。

550万㎢にわたる広大なアマゾン熱帯雨林は、アメリカ国土の半分の規模であり、EU(欧州連合)よりも広い面積です。この広大な地域には、世界で最も多様な動植物が生息しており、毎年、大気から数十億トンのCO2を吸収するという重要な役割を担っています。

しかし現在、アマゾンの大半が消滅の危機に瀕しています。毎月800㎢以上の面積が森林伐採、作物生産、インフラストラクチャ開発によって破壊され、最終的には水域、土壌浸食、生物多様性、気候変動に悪影響をもたらしています。

テクノロジーではできないことも、あなたの目で見ることで違いを見出すことができるのです。

SASのAIプラットフォームは、すでに熱帯雨林で発生する被害の大きさを示す、何千もの衛星画像の分析と認識を行っています。しかし、AIだけでは森林破壊を食い止めることはできません。モデルが未学習で特定不可能な森林破壊の兆候を特定するために、あなたの助けが必要です。あなたが参加することで、アマゾン内で生じる変化を特定可能なAIモデルを微調整し、アマゾンの保護責任を負う環境保全団体や政府機関に警告を送ることが可能です。

私たちが関心を向け注意深く取り組まなければ、生態系は悪化の一途をたどり、崩壊していく姿を目の当たりにしなければなりません。 Albert Van Jaarsveld CEO International Institute for Applied Systems Analysis

アプローチ

人間が、AIを強くする

AIは魔法の杖ではありません
AIのトレーニング・データとして、人間の専門知識が欠かせません。
あなたのインプットがAIモデルに学習例をもたらすのです。
サンプルが多ければ多いほど、より高い精度を実現します。

簡略化されたモデリングサイクル

テクノロジー

表面下で大きな役割を果たす存在

コンピュータビジョンモデルは、新たな森林破壊の兆候をいち早く特定するために毎日何百万もの画像を分析しています。
これにより、政策決定機関や支援団体は、手遅れになる前に介入し、
森林を保護することができるのです。

AIは、規模とスピードで保全活動を推進

私たちの地球を守るという世界的な課題の解決には、
SAS® Viya®が提供する強固な強固なスケーラビリティが欠かせません。
SASのクライドイ対応のインメモリ・プロセッシングのオープンアナリティクスプラットフォームは、
驚異的なスピードで正確な結果を導き出します。
かつて分析に何年も費やしていたデータ研究は、今では一瞬で有効活用できるようになりました。

SASプレスリリース

SASとIIASAが地球保護に向けてクラウド駆動型AIを導入。

今年4月に50周年を迎えるアースデーに向けて、SASと国際応用システム分析研究所(IIASA)が連携し、クラウドソーシングによって集められた知識を実行可能なインテリジェンスへと転換することで地球保護に貢献します。

関連記事

自宅にいながらアマゾンの
森林破壊に立ち向かう方法とは。

たった30秒と良好なインターネット接続があれば、あなたは地球保護に貢献することができます。
SASとIIASAは、AIと市民科学者の知識を活用することで、アマゾン熱帯雨林の破壊行為の追跡と対処に努めています。

関連ニュース

SASとIIASAは、森林破壊追跡用クラウド・ソーシング・AIアプリを開発

SASのAI、コンピュータ・ビジョン技術、森林破壊に関心を寄せる市民の知能を組み合わせたIIASAの環境科学研究プラットフォームは、ほぼリアルタイムで地球環境の変化を評価できるようにしています。

関連するアワード記事

2020年、最も有意義なビジネス トップ5

SASの熱帯雨林におけるイニシアチブは、社会と環境に大きく貢献し評価されています。
IIASAとパートナーシップを結ぶことで、SASはAIとクラウドソーシングを組み合わせることで、森林破壊の改善に貢献しています。

私たちの地球をより安全なものへと導くために
コミュニケーションを続けましょう。

私たちの地球をより安全なものへと導くために、コミュニケーションを続けましょう。
より良い世界を目指すために、#rainforestでその活動の輪を広げましょう 

Back to Top