データに騙されない、データで騙さない、

いま、データサイエンティストが活躍する現場~
アスクル株式会社

BtoBイノベーション本部 データデザイン データマーケティング
部長
町田 賢一氏

アスクルは、1000万アイテムの取り扱いを目指しています。そのうち、1万はプライベート・ブランド・アイテム。お客様が必要としているものをきちんと取りそろえることで、お客様の満足度を高められると考えているためです。お客様に満足いただくためには、物流も重要です。全国に7つの物流センターを置き、注文から配送まで最短20分という仕組みを整えています。

BtoBイノベーション本部の役割は、シンプルです。経営指標と課題の解決、および各事業指標と課題の解決の2つ。課題を解決するために、数値から真実を映し出すことをサポートしています。

使用するのは、複数のBIツールです。データの可視化を目的とするものや、Webアクセスログに特化した分析ツールなどを併用し、高度なデータ分析にはSASを活用します。SASは、膨大で多様なデータを取り込んで、さまざまな分析に利用しています。たとえば、市場シェアを高めるためには、新規販売を増やしたり、継続購入を維持したりすることが必要になりますが、それらを可能にするためにどうすればいいのかを数値的な結果として示しています。

数値を扱うときに、最も気をつけなければならないのは、見せ方を工夫することで相手をだませてしまうことです。1%の伸びでも、バーの描き方を工夫するだけでジャンプアップしたように見えますから。結果を良く見せかけることを目的にしてはいけません。自分たちのアウトプットで人をだまさないことを肝に銘じて仕事をしています。

正確なアウトプットを提供するために必要なスキルは、3つあります。まずは、統計に代表される数理知識。次に、ツールを使いこなすスキル。最後に、ビジネスに活用する力です。私たちは、すべての担当者に対して、これら3つのスキルを同時に伸ばせるよう意識付けし、トレーニングしています。

会社で扱うデータは膨大です。Webアクセスログ、購入履歴、在庫、問い合わせ履歴など、さまざまなデータがあり、それらを組み合わせて分析することが必要です。組み合わせは無限に感じられるほどですから、その中から最適な切り口を素早く見つけ出すことがカギを握ります。ツールを使いこなすスキルは、そこで役立ちます。

アスクルでは、入社1年目にツールを含めたトレーニングを行うのですが、「主役は自分」だと認識してもらいます。先輩のトレースをするだけでなく、自分だけに気づけることがあるはずです。目を外に向け、外部の交流会やセミナーにも積極的に参加してもらいます。教わって学ぶだけでなく、「教えながら学ぶ」ことがスキルを身につける近道になるでしょう。

Back to Top