債権回収業務の生産性を最大化

お客様の状況に応じて、最適なチャネルから、最適なタイミングで、最適なメッセージ、最適な頻度でカウンセリングを実行し、回収効率の最大化と架電リソースの削減、カスタマーエクスペリエンスの最大化をサポートします。

回収金額
1.87

※架電の曜日時間帯、オペレーター割当を最適化したことによる、架電リソースあたり回収金額の事例

債権回収業務の生産性を最大化

お客様の状況に応じて、最適なチャネルから、最適なタイミングで、最適なメッセージ、最適な頻度でカウンセリングを実行し、回収効率の最大化と架電リソースの削減、カスタマーエクスペリエンスの最大化をサポートします。

SASの債権回収ソリューション資料はこちら

回収金額
1.87

※架電の曜日時間帯、オペレーター割当を最適化したことによる、架電リソースあたり回収金額の事例

カギとなるデジタルを駆使した債権回収の効率化

大量の顧客データを保有する事業者など、異業種による金融分野への参入が相次いでいます。クレジットカード会社や信販会社、消費者金融などノンバンク業態にとっても、こうした新規参入の加速は脅威で、競争激化を背景として取り込んだハイリスクな顧客や、小口の債権の増加が課題となっています。新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の影響により、この流れがますます加速するなか、データとテクノロジーを活用した債権回収の効率化は大きなテーマのひとつです。今後は、より個々の顧客に応じた分析を行い、デジタルを活用したマルチチャネルでの債権回収アプローチが必要になります。

債権回収業務の課題と解決策

 架電ワークロード削減

異業種参入などによる競争激化や
コロナ禍の影響により、
これまで以上に債権回収にかかる
コストの削減が求められている。

デジタルチャネル活用と
ターゲティングの最適化で
コールセンターのワークロード(及びコスト)を削減(事例では30~60%)

 債権回収率向上

有人架電とデジタルを駆使し、膨大な延滞債権の回収を効率的に実施することで、回収率向上を目指す。

お客様に合わせて
メッセージ、タイミング、頻度を
コントロールして回収率向上(事例では150~200%)

カスタマーエクスペリエンスの向上

過剰な督促、顧客の都合を無視した督促を避け、顧客起点のカウンセリングを実施。

顧客の時間や場所の都合を
考慮しない架電による催促が
顧客のストレスとなり、信頼やブランドイメージの毀損に繋がっている。

 PDCA サイクル効率化

データの管理や予測モデルの更新・
管理など、各業務プロセスが
属人化している状態で、効率的にPDCAサイクルを回せていない。

ビッグデータ解析や
業務のPDCAサイクルの
自動化と効率化

SASだから提供できる債券回収最適化のポイント

債権回収における複雑な最適化を実現

お客様への入金依頼や返済相談において、お客様へのアプローチ方法や返済条件のご提案を最適化します。
最適化においては、コールセンターのリソース計画やデジタルチャネルキャパシティ等の業務上の制約や法的な制約を加味し、回収率を最大化(リソース・コストを極小化)することが可能です。

債権回収の全体最適化をサポートするSASのソリューション

科学的根拠に根ざした経営判断と効率的なPDCAサイクル実現をサポート

SAS では科学的根拠に根ざした経営判断と効率的な PDCA サイクル実現をサポートしています。

効率的なPDCAサイクルを実現するSASのソリューション

債権回収最適化ソリューション全体像

データ統合から予測、最適化から自動化まで、債権回収最適化プロセス全体をカバーするソリューションを提供します。

新型コロナ禍以降の債権回収モデル

債権回収最適化ソリューション
SAS Customer Intelligence 360の特長

債権回収業務プロセス
全体を自動化

データ統合・AI による予測、施策の設計・最適化・実行、結果のレポーティング、結果による再学習・最最適化までプロセス全体の効率化をサポート。

債権回収を最適化する独自のアルゴリズム

コールセンターのリソースやコミュニケーションコスト等、業務制約と法律上の制約を考慮し、回収率を最大化して貸倒引当金を極小化する最適な回収アクション計画をAIが策定します。

国内外における豊富なプロジェクト実績

海外での SAS を活用した債権回収プロセス最適化の豊富な導入実績はもちろん、日本国内にも既に多数の事例があります。債権回収効率化の知見、ノウハウを日々積み重ねることで、最適な提案が可能です。

SAS Customer Intelligence 360 導入事例

ビッグデータとAIの活用で回収率を3.2ポイント改善!​
ACMCにおける債権回収DXプロジェクト​

イオングループに属する債権回収のプロ集団である「エー・シー・エス債権管理回収株式会社(以下、ACMC)は、勘や経験などの属人的なノウハウに基いた、電話や手紙によるコンタクト、裁判手続きなど従来の回収業務から脱却し、債権毎​に採算性を評価し、適正な費用配分の中で最適な回収アクションを予測、実行する仕組みをSASのソリューションで構築してきました。​2016年に債権の収益性の可視化から着手し、その後、予測モデルの構築を進め、2019年からは架電コンタクトと回収率の最大化を​目指して、架電のタイミングや担当オペレーターの最適化を実現。対象を文章や電報等のチャネルにまで拡大し、自動化も進めてきた​結果、最適化実施前に比べてコンタクト率は2.2ポイント改善し、回収率は3.2ポイント改善するにいたりました。​

お見積りやデモのご依頼

購入の具体的な検討を進めたい場合は、こちらより次のステップにお進みください。

その他のお問い合わせ

SAS製品、ソリューションの導入をご検討の方は、こちらよりお問い合わせください。

金融ソリューションパートナー

金融ソリューションパートナー

アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。SASとアビームコンサルティングのコンサルティング・サービスが一体となり、金融業界における豊富な業務知見とデータ分析ノウハウを組み合わせたソリューションを提供しています。

Back to Top