SAS | The Power to Know

ソリューション資料

債権回収業務のデジタル変革をサポート

 

内容

 

 

競争激化を背景に、顧客基盤を拡大しつつも、それによって増加する債権の回収効率を向上していくことは、消費者信用業界の課題となっています。特に、高負荷なコールセンターの業務効率化と同時に、回収率の向上、貸倒引当金の低減は、多くの企業において重要度の高い課題と言えます。

加えて、顧客の囲い込みの観点では、カスタマーエクスペリエンスの向上、顧客のストレスにならない督促や親身なカウンセリングも重要です。

当資料では、ビッグデータとAI、独自の最適化アルゴリズムにより督促およびカウンセリング業務の最適化をサポートするSAS Customer Intelligence 360について、債権回収業務のデジタル変革にフォーカスして詳しくご紹介しています。ぜひ、ダウンロードしてお確かめください。

SASについて

SASはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界80,000以上のサイト(国内で1,500社以上)の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

 

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
 
 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
 

Back to Top