SAS® なら、モデル開発の効率は100倍も向上します。

よりスマートかつ高速な分析モデルに基づく意思決定は、組織にとって真の差別化要因となりえます。 

リスク管理や不正阻止のためにクレジットカード取引を拒否する場合や、貸付の承認や製品の品質管理を行う場合など、データが重要な役割を果たす業務では、「自動化された分析モデル」がデジタル・トランスフォーションの推進力として効果を発揮します。

データ駆動型の業務遂行態勢を構築する際は、「データ」⇒「ディスカバリー」⇒「デプロイメント」という工程を辿ることになりますが、これらの工程は実際には「アナリティクス・ライフサイクル」という形で継続的なループを形成しています。このサイクルを回す駆動力となるのは、ビジネスアナリスト、データサイエンティスト、開発担当者のチームワークです。

「価値実現までの時間」の重要性を踏まえれば、ここで追求するべき目標は、インテリジェントな方法で処理を自動化および高速化できる仕組みを、できるだけ多くの工程に組み込むことです。この課題を解決する上で鍵となるテクノロジー要素は「超並列処理(MPP)」と呼ばれる手法です。この手法を利用すると、複数のモデルを大量かつ複雑なデータに対して実行する際の速度を大幅に高めることができ、モデル開発者の生産性は最大で100倍も向上します。

SASは組織の効率性や生産性の飛躍的向上をお手伝いします。その方法とは?

  • アナリティクス・ライフサイクルやアナリティクス・プロセス全体にわたり、様々な反復的ステップが自動化されています。
  • インテリジェントなテンプレート内にベストプラクティスがパッケージ化されているため、データサイエンティストはテンプレートを利用/カスタマイズして短時間でプロトタイプを作成できます。
  • 分析ワークロードを超並列処理(MPP)環境で実行することで、データサイエンス・チームの作業スピードと生産性を高めることができます。これにより、モデル開発者の生産性は最大100倍も向上します。
  • データから発見した知見を説明する自然言語が自動的に生成されるため、組織内の全員がアナリティクス・オートメーションによる生産性向上を確実に享受できます。
  • モデル開発: SASのソリューションでは分析モデルの登録や業務実装をワンクリックで実行し、すぐに価値創出を実現できます。何ヶ月もかけて業務環境向けに再コーディングする必要はありません。
  • モデル健全性: SASのソリューションでは、作成したモデルの健全性を常に最適なレベルに維持できます。効率的なモデル処理機能とモデルガバナンス機能により、ユーザーは複数の分析モデルの比較、パフォーマンス・ベンチマーキング・レポートや各種アラートの生成、ワークフロー通知の送信といったタスクを簡単な操作で実行できます。

アナリティクス・ライフサイクル

Back to Top