SAS Studio による単線形回帰分析の実行

このビデオでは、SAS Studio の[線形回帰分析]タスクを使って単線形回帰分析を実行する方法を学びます。

ご注意:

  • 00:33 - このセクションは、SAS Studio のバージョンによって、[タスク]または[タスクとユーティリティ]と表示されます。
  • 00:39 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、[タスク]カテゴリを展開すると、[統計量]カテゴリが表示されます。
  • 01:00 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、「線形回帰分析」から順に、「線形回帰分析 1」、「線形回帰分析 2」...、となります。
  • 01:18 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、連続変数または分類変数に分けて説明変数を指定します。
  • 01:34 - SAS Studio の実行環境によっては、LIBSAS ライブラリが利用できない場合があります。その場合の代替操作を《 》で併記します(男性の BMI データで、年齢と BMI の関係を分析します)。
  • 02:00 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、以上に加え、モデル効果を設定する必要もあります。[モデル]タブで[モデル効果]の右横にある[編集]をクリックし、[変数]で Age を選択し、[追加]ボタンをクリックしてから、[OK]をクリックしてください。

Back to Top