SAS Studio による「対応のある標本の t 検定」の実行

このビデオでは、SAS Studio の[t 検定]タスクを使って「対応のある標本の t 検定」を実行する方法を学びます。

ご注意:

  • 00:10 - [タスク]カテゴリは、SAS Studio のバージョンによっては、[タスク]または[タスクとユーティリティ]セクションの中に入っています。
  • 03:58 - プロットを個別に選択するには、[プロット]を[選択済みプロット]に変更します。
  • 04:36 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、[結果]タブが表示されたままになるため、この操作は不要です。

Back to Top