SAS Studio による一元配置分散分析の実行

このビデオでは、SAS Studio の[一元配置分散分析]タスクを使って一元配置分散分析を実行する方法を学びます。

ご注意:

  • 00:27 - このセクションは、SAS Studio のバージョンによって、[タスク]または[タスクとユーティリティ]と表示されます。
  • 00:34 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、[タスク]カテゴリを展開すると、[統計量]カテゴリが表示されます。
  • 01:31 - SAS Studio の実行環境によっては、LIBSAS ライブラリが利用できない場合があります。その場合の代替操作を《 》で併記します(車両のデータで車種と高速道路燃費の関係を分析します)。
  • 02:33 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では[オプション]タブの内容が異なりますが、このチュートリアルの操作は可能です。
  • 02:40 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、正規性の検定に関するオプションは表示されません。
  • 03:16 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)でプロットを個別に選択するには、[プロットの表示]を[選択済みプロット]に変更します。
  • 04:15 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、[結果]タブが表示されたままになるため、この操作は不要です。
  • 06:06 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、この画面とは異なる形式のテーブルが表示されます。
  • 06:15 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、このテーブルは表示されません。

Back to Top