SAS Studio による相関分析の実行

このビデオでは、SAS Studio に用意されている[相関分析]タスクの使い方を学びます。

ご注意:

  • 00:09 - [タスク]カテゴリは、SAS Studio のバージョンによっては、[タスク]または[タスクとユーティリティ]セクションの中に入っています。
  • 00:33 - SAS Studio の実行環境によっては、LIBSAS ライブラリが利用できない場合があります。その場合の代替操作を《 》で併記します(野球選手データの年棒と前年のいくつかの個人成績の相関を分析します)。
  • 03:30 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では[オプション]タブの内容が異なりますが、このチュートリアルの操作は可能です。
  • 03:38 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、[統計量を表示する]ドロップダウンリストで[選択済み統計量]を選択すると、同様のオプションが表示されます。
  • 04:37 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、[楕円を含める]をチェックすると、詳しいオプションが表示されます。
  • 04:57 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、[出力データセット]セクションは、[出力]タブに表示されます。
  • 05:00 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、[出力データセットの作成]をチェックすると、詳しいオプションが表示されます。
  • 05:25 - 新しいバージョン(Release 3.5 など)では、[結果]タブが表示されたままになるため、この操作は不要です。

Back to Top