SAS Studio の[フィルタデータ]タスクの使い方

 

ヒント:

  • 04:53 - 新しいバージョンの SAS Studio(Release 3.5 など)では、列の部分抽出もタスクで指定することができます。[出力データセット]の[取り込む変数]を[選択済み変数]に変更し、抽出列を指定することにより、以降の作業と同じ操作をコードを編集せずに行えます。

このビデオでは、SAS Studio に用意されている [フィルタデータ]タスクの使い方を説明します。

ご注意:

  • 00:43 - このセクションは、SAS Studio のバージョンによって、[タスク]または[タスクとユーティリティ]と表示されます。

Back to Top