SAS、AIとアナリティクスで新薬の提供を迅速化

AIとアナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、従来よりも迅速に新薬を患者に提供できるように、臨床試験データの使用に革命をもたらせるよう支援しています。世界的なバイオ医薬品企業、AstraZenecaは、臨床試験および承認後の規制当局への申請における統計分析提供の効率向上と自動化促進のために、徹底した評価を実施した上でSASのクラウドベースのソフトウェアとテクノロジーを選択しました。

SASは、業界をリードするアナリティクスとAIを提供することで臨床と患者のデータフローの再設計を支援し、急速に厳格化する規制環境の中で変化する治験設計を管理し、データの再利用を実現し、報告と提出のスケジュールを加速できるようにします。  また、提出プロセスの一環として、ウェアラブル、センサー、精密(個別化)医療から得られる情報など、多様な新しい患者データソースを取り込んで分析するための一層のキャパシティ、自動化、相互運用性、柔軟性も実現します。

これは、分析とレポートのフェーズをSAS® Life Science Analytics FrameworkとSAS® Viya®がサポートすることで実現されます。SAS Viyaは、最新のクラウドテクノロジーを使ってデータの量や複雑さに関係なく迅速な意思決定を可能にするスケーラブルで強力なクラウドベースの産業プラットフォームです。これにより、市場投入までの時間が短縮され、ITコストが削減されることで、生産性が大幅に向上する可能性があります。SASとAstraZenecaのパートナーシップにより、チームが組織全体で協力し、臨床研究のイノベーションを促進できるようになります。

AstraZenecaのバイオメトリクス担当VPであるクリストファー・J・ミラー(Christopher J Miller)氏は、次のように述べています。「このSASとのパートナーシップは、当社の患者中心のアプローチに対応し、医薬品を従来よりも迅速に患者に届けることに重点を置いた臨床データの使用方法の転換をサポートします。また、新たな働き方を取り入れたり、新しいテクノロジーや臨床試験モデルを採用したりすることで、当社のポートフォリオを加速化できます」

SASのエグゼクティブバイスプレジデント兼最高技術責任者であるブライアン・ハリス(Bryan Harris)は、次のように述べています。「SASがこのトランスフォーメーションプログラムに参加し、長年にわたってAstraZenecaとの強い関係を築いていることを嬉しく思います。AstraZenecaの仕事は、世界中の何百万という人々の生活に好影響を与えています。我々は両社間に大いなる基盤を築いてきました。それは非常に喜ばしいことですが、まだ表面をなぞっているだけであることも承知しています。我々はテクノロジーとAIの進歩に注目しており、当社のテクノロジーとAstraZenecaの専門知識やインサイトをどのように組み合わせればお客様のための新たな医療ソリューションを生み出せるかを考えることに熱心に取り組んでいます」

*2023年9月26日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SAS について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当: 森屋
    TEL: 03-6434-3700
    E-mail: jpnpress@sas.com  

SASは、世界的なバイオ医薬品企業、AstraZenecaが、従来よりも迅速に新薬を患者に提供できるように、臨床試験データの使用に革命をもたらせることを支援しています。