SAS最新グローバル調査:新型コロナウイルス感染症の影響で、銀行のマネーロンダリング対策におけるAI導入が加速

新型コロナウイルス感染症拡大により、不正や金融犯罪が急増する中、半数以上金融機関は、マネーロンダリング対策 コンプライアンス・プロセスに、AIを導入または近日中の導入を予定

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、KPMGとAssociation of Certified Anti-Money Laundering Specialists(ACAMS)とともにマネーロンダリング対策(AML)テクノロジーに関する調査を新たに実施しました。新型コロナウイルスへの対応で、金融機関の3分の1が、AMLテクノロジー向けにAIと機械学習(ML)の導入を加速させています。一方で、別の39%のコンプライアンス専門家は、AI/MLの導入計画は、コロナ禍に関係なく継続すると回答しています。

レポート「Acceleration Through Adversity:The State of AI and Machine Learning Adoption in Anti-Money Laundering Compliance(逆境を通じた加速:マネーロンダリング対策コンプライアンスへのAIと機械学習の導入状況)」と、それを補完する調査データダッシュボードは、世界の850名以上のACAMSメンバーからのインサイトについて調査したものです。ACAMSは、各メンバーの雇用組織がマネーロンダリングの検出にテクノロジーを利用しているかどうかについて調査し、その規模が毎年世界のGDPの2~5%(8000億~2兆ドル)の範囲であると推定しました。

金融犯罪やマネーロンダリングに対抗するためにAMLコンプライアンス・プロセスの合理化を目指すコンプライアンス専門家にとって、AIとMLが重要テクノロジーとして浮上しています。回答者の半数以上(57%)が、AMLコンプライアンス・プロセスにすでにAI/MLを導入している、AIソリューションを試験的に導入している、または今後12~18か月以内に導入する予定であると回答しました。

ACAMSのチーフアナリスト兼論説ディレクターであるキーラン・ビアー(Kieran Beer)氏は次のように述べています。「世界中の規制当局が、金融機関のコンプライアンスへの対応を、法執行機関に提供するインテリジェンスの有効性に基づいて判断することが多くなっています。そのため、回答者の66%が規制当局はAIや機械学習の活用を金融機関に望んでいると考えているのは当然のことです。金融犯罪対策の世界では、規制当局や金融機関などの多くは、これらの高度な分析技術に追いつき始めたばかりですが、これらのツールが悪者を捕まえるための真に効果的なフィナンシャル・インテリジェンスを生み出すことへの期待は明らかに共有されています。」

テクノロジーの導入を主導しているのは、大手金融機関だけではありません。資産規模10億ドル以上の大手金融機関の28%は、自分たちがAIテクノロジーのイノベーターであり、アーリーアダプターであると考えています。しかし、心強いことに、企業価値10億ドル未満の中小規模金融機関の16%も、自分たちがAI導入の業界リーダーであると考えています。

KPMGの金融犯罪および米国法科学テクノロジーサービス担当プリンシパル米国ソリューションリーダーであるトム・キーガン(Tom Keegan)氏は次のように述べています。「現在では、中小金融機関の多くが業界のリーダーであり、高度な技術ソリューションは中小金融機関には手が届かないという神話は覆されました。中小と大手の両方の金融機関が同レベルの規制監視の対象となっており、この数字が増え続けることが重要です。」

金融機関の規模に関係なく、精度と生産性を向上させながら、コロナ禍に正面から向き合う必要がある銀行へのプレッシャーが、AML向けの高度なアナリティクスの利用を加速させる原動力になっていると考えられます。回答者によれば、AIおよびML導入の主な要因は次の2つです。

1)   調査と規制当局への提出書類の品質を向上させる(40%)
2)   誤判定を減らし、それに伴う運用コストを削減する(38%)

SASの金融犯罪およびコンプライアンス担当ディレクターであるデビッド・スチュワート(David Stewart)は次のように述べています。「コロナ禍を発端とするコンシューマー行動の急激な変化により、多くの金融機関は、ルールベースの静的なモニタリング戦略では、行動意思決定システムほどの精度や適応性が得られないと認識せざるを得なくなりました。AIおよびMLテクノロジーは、市場の変化や新たなリスクにインテリジェントに適応できるダイナミックな性質を持っており、最小の中断で既存のコンプライアンスプログラムに迅速に統合できます。アーリーアダプターである金融機関は、大幅な効率化を実現するとともに、高まる規制への対応を支援しています。」

*2021年8月10日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SAS について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。Copyright©2021 SAS Institute Inc.無断複写・転載を禁じます。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

AMLコンプライアンスにおいて、AIや機械学習が本格的に普及しています。

SAS、KPMG、ACAMSによるグローバルAMLテクノロジー調査のハイライト。

Back to Top