CURIOSITY FOREVER

SASは、より良い世界につながる問いを大切にします。

SASは約束します。データの探索や、アナリティクスそして学習、これらの進化を止めません。好奇心と能力が出会う時、世界は前進するからです。

自宅にいながらアマゾンの森林破壊を食い止めることができるとしたらどうしますか?

これは、IIASA(国際応用システム分析研究所)が、AIと衛星画像を人々と繋げることによって、成し遂げようとしていることなのです。最も貴重であり重要な資源にもたらされる損害を食い止めるために、クラウドソース上へと移行しようとしています。

子供の統計に対する興味が、どのようにして彼をハンガリーからオーランド・マジックへと導いたのでしょうか?

デイビッド ベンクスは、子供の頃毎朝朝食時にバスケットボールの試合結果を食い入るように見つめていました。彼が住んでいたハンガリーでは、試合は彼が眠っている間に放送されていたからです。数字に対する情熱が、将来彼をビックリーグへと導くことになるとは、誰も想像しませんでした。

1人の科学者が、いったいどのようにして何百万というライフスタイル判断に影響を与えることができたのでしょうか?

われわれの身の回りには85,000種類を超える合成化合物があります。IndiOmicsのCEO兼設立者であるメリッサ ストロング博士は、アナリティクスを通じて答えを導きだそうとしています。彼女の大胆な問い、そしてデータに秘められた人生を一転させるような答えは、どのように多くの人々に健康的な生活を促し貢献してきたのかご覧ください。

アナリティクスからその問いの答えを見出した事例をご覧ください。

探究心、コーディング、キッズ

SASでは、子供たちの熱意や探究心を活用した教育を支援するために数多くの取り組みが実施されています。GatherIQから無料学習オプションにいたるまで、SASは未来を担う子供たちがテクノロジーに秘められた素晴らしい可能性に触れ、より詳しく学ぶための機会を数多く提供しています。

2021年、探求心を磨け

COVID-19が猛威をふるい始めて以来、14,000名以上のSAS従業員が、信頼性のある確かなバーチャル勤務環境の確保をSASに期待していました。探究心は私たちのデジタル変革プランの推進を実現するものであると同時に、こうした急激に変化し続ける状況を通してお客様をサポートするものです。そしてパンデミック後の従業員たちのニーズへの対応を実現するのもまた探究心なのです。

固定概念を打ち破るにはどうすべきか。

Netflix、Airbnb、Spotify、Lyftといった市場のヒーロー的存在な企業は、アイデアの種をどのようにして産業全体に広めたのでしょうか?それは、強固なアナリティクスとテクノロジープラットフォームによって、データを基盤的資産へと変換させたのです。

微笑みを浮かべている女性

その他に探究心が日々の生活の中で変化をもたらすことができるものとは何でしょうか?

企業がデータとアナリティクスを活用することで、最も難しい問いに対する答えを見つける方法をご覧ください。

Back to Top