顧客要求は、どう変化しているのか?
高パフォーマンスの分析ツール活用のススメ

高性能分析ツール

通信事業者にとって、旧式のキャパシティ・プランニングに頼っていられる時代は終わりました。何カ月もかけてネットワーク需要の変化を予測する余裕は、もはやないのです。スマートフォンやタブレット端末、オンデマンドHDビデオ、クラウド・コンピューティングの登場により需要パターンは瞬く間に変化し、ネットワーク回線の需要予測は、ますます困難になってきています。

しかし利用者は、事業者の対応を当然のこととして求めています。こうした要求にこたえるためには、顧客データとネットワークの状態を示す情報をニア・リアルタイムに関連づけてくれる新たな手段が必要不可欠です。大規模な通信ネットワークは、日々数十億にも上るイベントを実行し追跡し、何百万という顧客に対応しいるということを考えてみてください。高パフォーマンスの分析ツールを活用し大量のデータを分析すれば、ビジネスに役立つ情報を得ることができます。

  • ネットワーク・パフォーマンスをほぼ瞬時に分析し、個々の顧客に対する影響を測定することができます
  • ネットワーク・パフォーマンスをニア・リアルタイムでモニタリングした結果と顧客データとを関連づけることによって、ネットワークのどの部分でサービスが低下しているか、さらには、それによってどの顧客が影響を受けているのか、どのような是正措置を取ることがビジネスにとって賢明かを知らせます
  • 顧客需要やネットワーク・パフォーマンスに動的に対応することによって、事業者は常に最適なパフォーマンスを提供することができます

さて膨大なデータ分析を終えて、貴社では顧客需要がどのように変化しているか把握できましたか? 次のポストでは、高パフォーマンスの分析ツールが公共事業にどのようなメリットをもたらすかについて紹介します。

Back to Top