SAS/ACCESS® SOFTWARE

SAS® とサードパーティのデータベースを統合するための、導入後すぐに利用できるソリューション

ソースやプラットフォームの種類にかかわらず、シームレスかつ透過的にデータの読み取り、書き込み、更新が可能

シームレスで透過的なデータ統合

データベースやSQLに関する詳しい知識がなくても、一般的なプラットフォーム上の普及度の高い各種データベースにアクセス可能

柔軟なSQLサポート

2つのネイティブな統合手法をサポート(LIBNAMEエンジンとパススルー機能)。SASの命令文や関数をソース・データベース特有の命令文や関数にマッピングすること、および、パフォーマンスを最適化するために全ての適切なSQL文をデータベース内で直接処理させることの両方が可能

一時テーブルのサポート

複数のSASプロセスが一時テーブルの作成やアクセスを行うことが可能。同じデータが単一セッション内の様々なステップで繰り返し必要となる場合に、パフォーマンス向上を実現

バルクロード機能とパフォーマンスに関するその他の機能

改善済みデータをSASからサードパーティ・データソースに移動するための、複数のローティング・オプションをサポート。例:バルクローティング、マルチスレッド型の読み取りインターフェイス、自動パーティション化、データベース側に処理を任せる機能、処理を直接制御する機能など

メタデータの統合

DBMSのメタデータを複数の分析目的に容易に再利用できる機能をサポート

データの整合性とセキュリティ

エンコードされたDBMSパスワードに対応しているため、SASプログラム内でパスワードがクリアテキスト(普通に読める文字)として表示されることはない。また、SAS Metadata Repository内に保存されている認証情報やログイン情報、あるいは各データベース・システム側のセキュリティ要件を必要に応じて適用

ビジネスにおける意思決定が完全性、一貫性、最新性、正確性に優れたデータでサポートされる状態を確保

SAS/ACCESSソフトウェアを使ってアクセス可能なデータベースを表示しているライブラリウィザードの画面が表示されたデスクトップ・モニター

技術系ユーザーとビジネスユーザーの両方に対し、必要なデータに高速かつ容易にアクセスできる手段を提供

SAS/ACCESSは、リレーショナル・データベース、非リレーショナル・データベース、PCファイル、Hadoop、Amazon Redshift、データウェアハウス・アプライアンスなど、60種類以上のデータソースにシームレスかつ透過的にアクセスし、読み込み/書き込み/更新を行うことができます。このソリューションは導入後すぐに利用でき、ビジネスユーザーも最小限のトレーニングで活用できます。より詳細な制御を行いたい技術系ユーザーは、SQLなどの一般的な手法を用いてデータソースに直接アクセスし、操作することができます。アクセス先のデータソース側にクエリ、結合、その他の命令を渡し、処理を任せることができるため、ネットワーク・トラフィックが低減し、データ処理時間が短縮します。ネイティブなバルクロード・ユーティリティを活用すれば、さらに高速なロードも実現可能です。

各種のネイティブ・インターフェイスおよび統合標準を用いて、ダイレクトかつセキュアなアクセスを実現

ソースデータに対する安全性の高いアクセスを簡単に実現できます。SQLやその他のクエリ言語によるカスタム・コーディングや、それに関する専門知識は一切不要です。このソフトウェアは、アクセス先のデータソースのネイティブなセキュリティを継承するほか、読み込んだデータをSASの標準データタイプと同じように表示することで透過的なアクセスを提供します。これにより、複数ソースにまたがる統合を、SASプロシジャ、SAS DATAステップ、SASソリューションを用いて実行することが可能になります。SAS/ACCESSエンジンは高度な統合性を備え、全てのSASソリューションに対応するほか、サードパーティのデータとの統合にも利用できます。サポートされている統合標準には、ODBC、JDBC、Spark SQL (on SAS Viya)、OLE DBが含まれます。

Back to Top