SASのアナリティクス - 柔軟性

活用力の強化。生産性の向上。

さまざまなスキルのユーザーに対応できる
柔軟なアナリティクス環境

業務部門からIT部門まで、組織内のさまざまな役割の人々がSASのアナリティクスを活用できるようになった状況を想像してみてください。生産性が飛躍的に高まり、コラボレーションが円滑に進み、優れた業績を上げられることでしょう。

経営幹部

 

 

業務分野のエキスパートであれ、意思決定者であれ、経営幹部やビジネスリーダーに求められるのは、プロセスの評価やROIの追跡を行う際に全体像を見渡すことです。SASのアナリティクスは重要な洞察を提供し、経営幹部が確信に満ちた意思決定が行えるよう支援します。

IT専門家

プログラマー、アーキテクト、調整担当者といったIT部門のスタッフは、モデルの登録から検証まで、展開のあらゆる側面を理解する必要があります。SASのテクノロジーは展開効率を高められるように設計されています。

データ・サイエンティスト

 

 

疑問を提起し、実験やテストを行うのがデータ・サイエンティストの仕事です。そのためには、質の高いデータにアクセスした上で、創造性を発揮し、適切な疑問に着目できる環境が必要です。そのカギとなるのが、データ・ビジュアライゼーションからディープ・ラーニングまで、包括的な機能を提供するSASのアナリティクス・ソリューションです。

分析担当者

膨大な行を含むデータを探索および精査して、パターンや洞察を探し出すのが分析担当者の仕事です。そのためには、ビジュアル・アナリティクスやビジュアル・スタティスティクスなど、業務を迅速化すると同時にデータの意味を掘り下げることもできるソリューションが必要です。


SASソフトウェアでビジネスを変革する方法について、
お気軽にお問い合わせください。

購入の具体的な検討を進めたい場合は、こちらから次のステップへお進みください。

Back to Top