SAS® Data Integration Studio:必須要素  (3日間)

お客様の声

178,200円(本体価格 165,000円)/チケット捺印数:3

受講対象

データ・インテグレーション開発者

前提知識

下記3コースを受講済みか、同程度の知識のある方

SASプログラミング1:必須要素
SAS®SQL:必須要素
SAS®マクロ言語1:必須要素

学習内容

本コースでは、SAS Data Integration Studioを紹介し、ソースやターゲットの登録、ジョブの作成と作業、変換での作業に対するトピックを紹介します。緩やかに変化するディメンジョンでの作業、ループ変換での作業、新しい変換の定義についても紹介します。 本コースは、SAS認定試験「SAS認定プロフェッショナル Data Integration Developer for SAS 9」の準備にも適しています。

コンテンツ

■イントロダクション
・Platform for SAS® Business Analyticsの探索
・データ・インテグレーション・アプリケーションのイントロダクション
・変更管理機能のイントロダクション
■変更管理での作業
・変更管理イントロダクション
・変更管理環境の設定(自己学習)
■ソースデータのメタデータの作成
・環境の設定
・ソーステーブルのメタデータへの登録
・Oracleソーステーブルのメタデータへの登録
・ODBCデータソースのメタデータへの登録
・外部ファイルのメタデータへの登録
■ターゲット・データのメタデータの作成
・ターゲット・データのメタデータへの登録
・メタデータのインポート
■ジョブのメタデータの作成
・ジョブとジョブエディタのイントロダクション
・結合変換の利用
■ Orion Star社ケーススタディ
・顧客ディメンション・テーブルの定義とロード
・組織ディメンション・テーブルの定義とロード
・時間ディメンション・テーブルの定義とロード
■さらなるジョブの機能
・SAS®コードのインポート
・マッピングとプロパゲーション
・ジョブの連鎖
・パフォーマンス統計量
・事前定義されたメタデータ・レポート(自己学習)
■変換による作業
・抽出と要約統計量、ループ変換の利用
・SQL変換の探索
・ステータス処理の設定
・データ検証変換の利用
・転置、並べ替え、データの追加、ランク変換の利用
・基本的な標準化(自己学習)
■ループ変換による作業
・ループ変換 イントロダクション
・ジョブの反復
・単一の変換の反復(自己学習)
■緩やかに変化するディメンジョンによる作業 (自己学習)
・緩やかに変化するディメンジョンの定義
・SCD Type 2ローダー変換とルックアップ変換の利用
・SCD Type 1ローダー変換の利用
・データキャプチャ変更変換の紹介(自己学習)
■生成済み変換の定義(自己学習)
・SAS®コード変換テンプレート
・変換の新規作成ウィザードの利用
■テーブルローダー変換での作業
・テーブルローダー変換の基本
・テーブルローダー変換のロードスタイル
・ロード中のインデックスや制約の管理
・DBMSのためのバルクロード(自己学習)
※ 内容は予告なく変更する場合があります。

対象プロダクト

Platform for SAS Business Analytics
SAS Data Integration Studio
SAS Data Quality Solution

お客様の声

【業種】
保険
【コメント】
Data Integration Studioは既に利用しておりましたが、メタデータの管理など、今回のトレーニングで知らなかった機能を知ることができました。
【業種】
通信
【コメント】
テキストの英→日翻訳の質が安定していないようです。
中身については良かったと思います。講師について、偶発的なトラブルにも速やかに対処され、さらに追加トピックとして消化していただき、非常に頼れる印象がありました。
【業種】
小売
【コメント】
コースでは、実機を使った演習が行えたことが良かったです。なお、泊まりで受講してきているので、2日目の時間を延長して自己学習分などの説明をして頂きたかったです。