SAS® プログラミング1:必須要素  (3日間)

お客様の声

178,200円(本体価格 165,000円)/チケット捺印数:3

受講対象

SASプログラムの記述を始めようとしているすべてのユーザー

前提知識

本コースの受講には、コンピュータ・ソフトウェアの使用経験が必要です。特に次のことが必要になります。

 ・お使いのオペレーティング・システム上のファイル構造やシステムコマンドを理解していること
 ・お使いのオペレーティング・システム上のデータファイルにアクセスすること

SASの経験は必要ありません。

学習内容

本コースは、SASプログラムの記述方法を学習したいユーザー向きです。SASプログラミングを学習するための入り口となり、他の多くのSASコースへの前提条件となります。

・SASウィンドウ環境の紹介
・SASデータセットへのさまざまな種類のデータの読み込み
・SASデータセットの検証、クリーニング
・SAS変数やデータのサブセットの作成
・SASデータセットの結合
・リストレポートや要約レポートの作成、拡張

SASプログラムを記述する必要がなく、ポイント&クリック・インターフェイスを使用したい場合には、「SAS Enterprise Guide®1:クエリとレポーティング」コースの受講をお勧めします。
本コースは、SAS認定試験「SAS 認定プロフェッショナル Base Programmer for SAS 9 」の準備にも適しています。

コンテンツ

■イントロダクション
・コース概要
・Foundation SASの概要
■SASを始めよう
・SASプログラミング イントロダクション
・SASプログラムのサブミット
■SAS構文での作業
・基本概念のマスター
・構文エラーの診断と修正
■SASデータセットに親しもう
・ディスクリプタ部とデータ部の調査
・SASデータ・ライブラリへのアクセス
・リレーショナル・データベースへのアクセス(自己学習)
■SASデータセットの読み込み
・データ読み込み イントロダクション
・入力としてのSASデータセットの利用
・オブザベーションと変数のサブセット化
・永久属性の追加
■Excelワークシートの読み込み
・入力としてのExcelデータの利用
・Excelワークシートでさらに行うこと(自己学習)
■区切り記号付きローデータ・ファイルの読み込み
・区切り記号付き標準データの入力
・区切り記号付き非標準データの入力
■データの検証とクリーニング
・データの検証とクリーニング イントロダクション
・ローデータ・ファイルを読み込んだ場合のデータエラーの検証
・PRINTプロシジャとFREQプロシジャによるデータの検証
・MEANSプロシジャとUNIVARIATEプロシジャによるデータの検証
・不正データのクリーニング
■データの加工
・変数の作成
・条件付き変数の作成
・オブザベーションのサブセット化
■SASデータセットの組み合わせ
・データセットの組み合わせ イントロダクション
・データセットの追加
・データセットの連結
・1対1のデータセットのマージ
・1対多のデータセットのマージ
・一致しない行のあるデータセットのマージ
■レポートの拡張
・グローバル・ステートメントの利用
・ラベルと出力形式の追加
・ユーザー定義の出力形式の作成
・オブザベーションのサブセット化とグループ化
・外部ファイルへの直接出力
■要約レポートの生成
・FREQプロシジャの利用
・MEANSプロシジャの利用
・TABULATEプロシジャの利用(自己学習)
■SAS/GRAPH®を利用したグラフ イントロダクション (自己学習)
・棒グラフと円グラフの作成
・散布図の作成
・出力の拡張

対象プロダクト

Base SAS®、SAS/GRAPH、SAS/ACCESS® to PC Files

お客様の声

【業種】
サービス
【コメント】
SASプログラミングの基本コースとして適切な内容がカバーされていると思う。GUIと比較すると、受講者のレベルにより、説明の仕方や進め方に工夫が必要な中、受講者に対する配慮が行き届いていたと思う。
【業種】
サービス
【コメント】
トレーニングと実習が交互にあったので、とても良かったと思います。SASは未経験でしたが、SASの基本的概念や利用方法を理解できたことが良かったと思います。
【業種】
サービス
【コメント】
やはりマニュアルだけでは分かりずらいので、講師による補足説明や実演などがあり、わかりやすかったです。
【業種】
ライフサイエンス
【コメント】
Access VBAをかじった程度のレベルである私にとっては、やや難しく感じましたが今後、SASを利用する上で必用な最低限のことを教えていただくには必要な内容であったと強く感じます。テキストの内容に関わらず、実際に使用する可能性の高い内容を優先的に指導いただけたことは感謝いたします。