SAS® SQL:必須要素  (2日間)

お客様の声

118,800円(本体価格 110,000円)/チケット捺印数:2

受講対象

SASプログラマーやビジネス・アナリスト

前提知識

本コースの受講には、次のことが必要です。

 ・お使いのオペレーティング・システム上でSASプログラムが実行できること
 ・SASデータセットを作成しアクセスできること
 ・数値演算、比較演算、論理演算が利用できること
 ・SASプロシジャを起動できること

※これらの内容は「SASプログラミング1:必須要素」コースで学習することができます。SQLに関する知識は必要ではありません。

学習内容

本コースでは、SQL(Structured Query Language)を使用したSASデータの処理方法について紹介します。

・データのクエリとサブセット
・データの集計と表現
・テーブルの結合、複雑なジョインやマージ含む
・テーブル、ビュー、インデックスの作成と編集
・1つのSQLクエリでの複数のDATAステップやPROCステップの置き換え

本コースは、SAS認定試験「SAS 認定プロフェッショナル Advanced Programmer for SAS 9」の準備にも適しています。

コンテンツ

■はじめに
・コース概要
・SQL(Structured Query Language)概要
・ビジネスシナリオ イントロダクション
■基本のクエリ
・SQLプロシジャの概要
・列の指定
・行の指定
■クエリ結果の表示
・データの表現
・データの要約
■サブクエリ
・関連性のないサブクエリ
・関連性のあるサブクエリ(自己学習)
■SQL結合
・SQL結合 イントロダクション
・複雑なSQL結合
■セット演算子
・セット演算子 イントロダクション
・EXCEPT演算子
・INTERSECT演算子
・UNION演算子
・OUTER UNION演算子
■テーブルとビューの作成
・SQLプロシジャによるテーブルの作成
・一貫性制約 (自己学習)
・SQLプロシジャによるビューの作成
■テーブルの管理
・インデックスの作成
・テーブルの保守
■追加のPROC SQL機能
・SQLプロシジャ・オプションの設定
・ディクショナリ・テーブルとビュー
・PROC SQLとマクロ言語のインターフェイス
・プログラムのテストとパフォーマンス
■リレーショナル・データベースへのアクセス (自己学習)
・DBMSデータへのLIBNAMEアクセス
・SQLパススルー機能を使用したDBMS固有のSQLの実行

対象プロダクト

Base SAS®

お客様の声

【業種】
ライフサイエンス
【コメント】
どうやって使うのかなと思う関数の具体例をあげてくださることで、実戦で使用できるか考えることができてよかったです。
【業種】
ライフサイエンス
【コメント】
説明が、とてもわかりやすかったです。幅広く学習ができたと思います。SQLの全体像をつかむことができました。
【業種】
政府・官公庁
【コメント】
1人1人がSASを自分で実行しながら学習することはできるため、とても実践的な講座でした。学習内容に比べて講座時間が少ないので、内容を絞るか講座時間を延長したほうがよいと思います。