SAS® マクロ言語1:必須要素  (2日間)

お客様の声

118,800円(本体価格 110,000円)/チケット捺印数:2

受講対象

DATAステップ処理の正しい理解を持ち、再利用可能で動的なSASプログラムを記述したい、経験豊富なSASプログラマー

前提知識

SASプログラミング2:データ加工テクニック」を受講済みか、同程度の知識のある方
特に次のことが必要になります。

 ・DATAステップを使用したSASデータセットや外部ファイルの読み書き
 ・IF-THEN/ELSE、DO WHILE、DO UNTIL、反復DOステートメントなどのDATAステップ・プログラミング・ステートメントの使用
 ・DROP=、KEEP=、OBS=などのSASデータセット・オプションの使用
 ・SUBSTR、SCAN、INDEX、UPCASEなどの文字関数の使用
 ・WHERE句を利用したデータのサブセットの作成
 ・SAS日付値とSAS日付定数の作成と使用
 ・SORT、PRINT、CONTENTS、MEANS、FREQ、TABULATE、CHARTなどのSASプロシジャの使用

学習内容

本コースでは、SASマクロ機能の構成要素と、マクロシステムの設計、記述、デバッグの方法に焦点を当てています。マクロコードを持つプログラムがどのように処理されるかを理解することに重点が置かれています。

・SASコードのテキスト置換の実行
・SASコードの生成の自動化およびカスタマイズ
・SASコードの条件付きまたは繰り返しによる構築
・マクロ変数とマクロ関数の使用

本コースは、SAS認定試験「SAS認定プロフェッショナル Advanced Programmer for SAS 9」、「SAS認定プロフェッショナル Clinical Trials Programmer Using SAS 9」の準備にも適しています。

コンテンツ

■イントロダクション
・コース・ロジスティクス
・マクロ機能の目的
・プログラム・フロー
■マクロ変数
・マクロ変数 イントロダクション
・自動マクロ変数
・マクロ変数参照
・ユーザー定義のマクロ変数
・マクロ変数参照の区切り
・マクロ関数
■マクロ定義
・マクロの定義と呼び出し
・マクロ・パラメータ
■DATAステップとSQLインターフェイス
・DATAステップでのマクロ変数の作成
・マクロ変数の間接参照
・SQLでのマクロ変数の作成
■マクロ・プログラム
・条件付き処理
・反復処理
・グローバル・シンボルテーブルとローカル・シンボルテーブル

対象プロダクト

Base SAS®

お客様の声

【業種】
ライフサイエンス
【コメント】
テキストだけでなく、sashelpのデータセットを利用したサンプルを先に説明していただき、よくわかりやすかったです。sashelpでのサンプルなので、自習をする際、いろいろ試すことができそうなので、とてもよかったと思います。
【業種】
政府・官公庁
【コメント】
マクロの理論が体系だって説明されており、理解しやすかった。実習は難しいものもあったが、講義内容を確認できてよかった。
【業種】
証券
【コメント】
業種別の内容があったりすると良いと思いました。講師の方は、細かな質問にも答えて頂けてよかったです。