SAS | The Power to Know
顧客データの統合と見える化による収益、顧客維持率、顧客満足度の向上
ホワイトペーパー

顧客データの統合と見える化による収益、顧客維持率、顧客満足度の向上

内容

「単一の顧客ビュー」という言葉からは、さまざまなビジネスメリットが連想されます。しかし、包括的なエンタープライズ・マスターデータ管理(MDM)の導入プロジェクトは、システム担当者が技術的な障害に直面したときだけでなく、組織の統合や導入プロジェクトの受け入れを阻む障壁にぶつかったときにも行き詰まります。中長期的な持続可能性を考慮せずにリソースの大部分をマスター・リポジトリの構築に投資してしまうと、組織内でのマスターデータの受け入れが危うくなり、顧客ビューの統合がもたらすはずのビジネスメリットが十分に得られない可能性があります。

データ品質の改善と標準化による最小限の効果は即座に得られますが、具体的なビジネスプロセスに対する「測定可能な改善項目」について目標を明確に定めていない場合には、技術的な困難さがプロジェクトの頓挫に直結してしまいます。ビジネス価値の向上につながるドライバーを「測定可能な改善項目」と連携させながら、MDMプロジェクトのスコープを正しく絞り込むことにより、プロジェクト導入が成功する確率を高めながら、予算とリソースの初期投資を抑えることができます。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top