SAS | The Power to Know
多層的な原因分析を活用して需要予測を改善し、マーケティング戦略を最適化する
ホワイトペーパー

多層的な原因分析を活用して需要予測を改善し、マーケティング戦略を最適化する

内容

需要予測プロセスに消費需要を統合することで出荷(供給)予測を改善することは、一般消費財(CPG:consumer packagedgoods)をはじめとする多くの業界にとっての最優先課題です。

多層的な原因分析(MTCA:Multitiered causal analysis)は、CPG業者の目標達成を支援する分析です。MTCAは、データや掘り下げた原因分析を活用して以下を行います:

  • 消費需要に対するマーケティング・ミックスの効果を小売業者レベルで測定する
  • 小売需要と、製造業者から小売業者への出荷を結び付ける
  • 製造業者がwhat-if分析を実行できるようにする。そうすることで製造業者は将来の需要を予測し、最大のROIを得るために最適な戦略を選べるようになる

本ホワイト・ペーパーは、ある飲料製造業者が7つのステップで構成されるプロセスを採用してMTCAを活用するようになった事例を詳細にまとめています。この飲料製造業者は、プロセスを経るにつれ、予測の精度を高め、戦略的洞察力を得られました。意思決定者は、これを売り上げと収益の増加に役立てることができます。

目次

  • 1.多層的な原因分析(MTCA:Multitiered causal analysis)は製造業の需要予測を支援する
  • 2.最も販売量が伸びる時期に備える
  • 3.MTCAの活用:飲料製造業での事例
    • ステップ1:消費需要と工場出荷に関するすべてのデータを識別する
    • ステップ2:需要を識別するためにデータのサブセットを使用してモデルを構築する
    • ステップ3:モデルの予測能力を検証する
    • ステップ4:すべてのデータを使用してモデルを再構築する
    • ステップ5:what-ifシナリオを実行して将来の需要を成形する
    • ステップ6:ユニット量の伸びと生産性が最適なシナリオを需要予測として選ぶ
    • ステップ7:需要予測と供給を結び付けて供給を予測する
  • 4.学んだ教訓と結論

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top