SAS | The Power to Know
Blue radiance
Understanding Data Stream in IoT (Japanese)
ホワイトペーパー

IoTのデータ・ストリームを理解する

内容

モノのインターネット(IoT)は、世界中のセンサーやデバイスから、動きの速いデータを配信します。多くの組織にとっての課題は、それらのデータのすべてを有意義なものにすることです。このホワイトペーパーでは、事実に基づいた、自動化された意思決定を行うと同時に、新しい情報に反応するために、SAS Event Stream Processingが、どのようにストリーミングデータを取得し、把握し、リアルタイムに利用して役立つかを説明します。

目次

  • モノのインターネット
  • 初期のセンサー
  • モノのインターネットとビッグデータの爆発的増加
  • モノのインターネットを有効に活用する
  • SAS Event Stream Processingとは
  • IoTにイベント・ストリーム・プロセッシングを活用する
  • SAS Event Stream Processingをモノのインターネットに統合する
  • まとめ

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top