SAS | The Power to Know
自律型グリッド:公益事業における機械学習とIoT の活用
ホワイトペーパー

自律型グリッド:公益事業における機械学習とIoTの活用

 

 

 

内容

公益事業業界で今、最も注目を集めているのが機械学習とモノのインターネット(IoT)です。これら2つのテクノロジーの自律性は飛躍的に高まりつつあり、近い将来において公益サービスの供給網を構成する数十億ものエンドポイントをすべて処理できるようなグリッド構築を可能にするパワーさえ秘めています。しかし、ほとんどの公益事業会社は、これらのテクノロジーの連携がもたらす破壊的なイノベーションの利点を十分に活用できていないのが実情です。
公益事業業界の現状への理解を深めるため、SASとZprymeは北米に拠点を置く200の公益事業会社を対象にオンライン・アンケートと電話インタビューを実施し、IoTと機械学習に対するアプローチの実態を調査しました。

このホワイトペーパーでは、以下についての考察を行っています。
  • 公益事業会社におけるIoTと機械学習の現在の利用状況、および将来に向けた計画
  • IoTと機械学習に対する業界の理解
  • これらのテクノロジーを公益事業会社が大規模に導入するための推奨事項

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top