SAS | The Power to Know
不正対策アナリティクスのシンプル化:保険金詐欺を検知・防止するための10のステップ
ホワイトペーパー

不正対策アナリティクスのシンプル化:保険金詐欺を検知・防止するための10のステップ

 

 

 

内容

保険金詐欺の手口と規模は、多様化する一方です。多くの保険会社では請求詐欺への対策に力を入れているものの、こうした行為は初期の加入申請の段階から請求にいたるまで、保険業務のあらゆるタイミングで発生します。これらの被害が増加傾向にあることからも、不正の検知とその防止は、常に保険会社の経営幹部が考える投資と戦略の優先課題のトップ3に入っており、保険会社の95%が何らかの不正防止テクノロジーを導入しています。 従来の不正検知システムは、主に軽犯罪レベルの便乗詐欺対策を目的として設計されており、保険料が少なくなるようにごまかしたり、請求額を水増ししたりするなど、状況を悪用した個人による不正行為を対象にしています。しかし、現在は組織的な犯罪集団による深刻な詐欺被害が増加しつつあり、その手口の巧妙さとスピードも進化しています。どのような新たな手口が編み出されるかは予測不能であり、万能の不正検知技術の実現は困難と言わざるを得ません。 本ホワイトペーパーでは、便乗詐欺と組織的詐欺、双方への対策効果を最大限に高めるための、10のステップをご紹介します。

目次

  • はじめに
  • ステップ1:データ管理の強化
  • ステップ2:データの視覚化
  • ステップ3:ビジネスルールの有効活用
  • ステップ4:データベースの検索
  • ステップ5:異常の検出
  • ステップ6:予測モデリングによる高度な分析
  • ステップ7:テキスト分析がもたらす価値
  • ステップ8:ソーシャル・ネットワーク・リンク分析を使った組織的詐欺の特定
  • ステップ9:アラートの管理とトリアージ(優先度判定)
  • ステップ10:導入の選択肢
  • お客様事例
  • 結論

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top