SAS | The Power to Know
wp-segmentation-and-data-management-ws1310
ホワイトペーパー

セグメンテーションとデータ管理
マーケティング部門にとっての利点と目標

内容

マーケティング担当者は長年にわたり、マーケティング対象者を顧客に変えようと試行錯誤してきました。最初はマス・マーケティングがうまく機能すると思われました。その証拠が、1980~90年代に人気を博したデパート各社の商品カタログです。こうしたカタログの掲載商品は、どれも特定の誰かをターゲットにしていたわけではありません。どのような製品に関心があるかを企業に伝えるのは消費者の側でした。それから早くも20年が経ち、現在では潮流が逆転しています。ソーシャルメディアの登場に伴って、マーケティング対象者や顧客にふさわしい適切なオファーを特定するのは今や、主に企業側の責任となっています。マス・マーケティングからワンツーワン・マーケティングへと変化し、現在の企業は、「セグメント・オブ・ワン」(セグメント化を進めて個人のレベルにまで細分化する考え方)に対応したマーケティングを避けて通れません。

本ホワイトペーパーは、なぜセグメンテーションが必要なのかという疑問に答えるところからはじめ、プロファイリングや予測モデリングなど具体的なセグメンテーションの手法を解説します。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top