SAS | The Power to Know
Blue radiance
RegTech
ホワイトペーパー

RegTech

テクノロジーによるコンプライアンスコスト削減と規制対応高度化の実現

内容

金融規制の複雑化・高度化がハイペースで進む中、次々と対応を迫られる金融機関ではコンプライアンス対応コストが年々上昇を続けており、金融犯罪対策を担当する人材の確保やITシステムの構築・更改が大きな課題となっています。
継続的にコンプライアンス対応への投資を増やしていくことはもはや困難であり、何らかの抜本的な効率化を図らない限り、業務継続が難しくなることも予想される状況と言えます。こうした状況で注目を集めているのが、テクノロジーの活用により効率的かつ効果的な規制対応業務を実現する「RegTech(Regulation+Technology)」と呼ばれるソリューション群です。

本ホワイトペーパーでは、コンプライアンス分野の主要業務であるアンチ・マネー・ロンダリング(AML)業務にフォーカスして、日々蓄積される膨大な量のデータと人工知能(AI)や機械学習を組み合わせることにより、いかに人的作業の割合を低下させAMLシステムの高度化を実現するか、そのアプローチについて解説します。

筆者

SAS Institute Japan 株式会社
コンサルティングサービス本部
Fraud & Security Intelligenceグループ
マネージャー 忍田伸彦( 博士(工学)/公認AMLスペシャリスト)
シニアコンサルタント 大越清香( 公認AMLスペシャリスト)

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top