SAS | The Power to Know
Blue radiance
オープン・エコシステムにおいてSASを利用する利点
ホワイトペーパー

オープン・エコシステムにおいてSASを利用する利点

オープンソース環境の利用価値を高めるSASのテクノロジー

内容

成功している組織は、アナリティクスとそれを用いて作成する分析モデルが重要な企業資産であることを認識しています。
これらの資産は、生産システムの問題を解決したり、顧客関係を改善するための新たなチャネルの作成、業務効率の向上、収益の増大、リスクの軽減などの実現につながる取り組みにおいて重要な役割を果たします。

現在、ソフトウェア分野ではオープンソース・テクノロジーが最前線の中心的な位置を占めるようになっており、アナリティクスとデータも例外ではありません。この変わり続ける環境の中でも、SASとオープンソースのバランスを最適化すれば、組織内外のステークホルダーが求める要件に無理なく対応できることに、既に多くの組織が気づいています。

それが可能である理由は、SASが、より広範なアナリティクス・エコシステムの一環として、オープンソース・テクノロジーの機能の活用および強化に取り組んでいるからです。
オープンソースのアナリティクス環境にSASを追加すると、アナリティクスが幅広いユーザー層に開放され、導入展開プロセスが効率化するため、お客様は全社的なアナリティクス・プラットフォームの規模拡大を柔軟に進められるようになります。

目次

  • SASとオープンソースの優れた連携効果
  • SASのオープンソース対応機能の現状と今後
  • SAS環境におけるオープンソース
  • アナリティクスの展開
  • Hadoopエコシステムの一部としてのSAS
  • SASが活用している主なオープンソース・プラットフォーム
  • SASが提供するオープンデータとアナリティクス・プラットフォーム
  • お客様の成功事例

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top